「レンタル彼氏」を重宝する中国キャリア女性たち結婚より夢の実現優先

親に結婚を迫られている「結婚適齢期」の中国女性の間で重宝されている「レンタル彼氏」。本業は金融マンで、休みになるとボランティアで彼氏役を請け負う男性、王卓さん(27)のもとには、この2年で100人以上の女性から問い合わせがあった。最近の中国の女性たちはどのような事情でレンタル彼氏にすがるのか。王さんの話から見えた彼女たちの姿は――。

レンタル彼氏を請け負う王さん。2年で5人の女性の帰省に付き合った(北京)

35歳にして部下は1000人。北京の民間金融機関で働くバリバリのキャリアウーマン、陳寧さん(仮名)が王さんにショートメッセージを送ってきたのは2011年秋の国慶節(建国記念日)休みの直前だった。「あなた、レンタル彼氏をやっているんだって?ちょっと会えるかしら」。王さんと同じ会社の10歳上の先輩社員だった。

「どうしても結婚したくないの。彼氏もつくりたくない」。会うなり、彼女は悩みを吐露した。北京の一流大学を卒業後、この会社に入り、2万人いる社員の上位30人にまで上り詰めた。このまま突き進めば女性総経理(社長)だって夢ではない。結婚や恋愛は今の陳さんにとっては優先課題ではない。

陳さんにとって悩ましいのが両親、そして両親以上にうるさい祖父母の存在だ。「35歳にもなって独り身なのはおかしい。何か問題でもあるのかって近所でうわさになっているのよ」。祖母からは繰り返しこう言われる。何度も反論は試みた。「おばあちゃん、仕事はやりがいがあるのよ。同期でも出世頭の一人で、さらに会社で上に行けそうなの」といくら説明しても、祖母にはぴんと来ない。「で、子どもはどうするの?」と聞かれ、答えに窮する。

そこで国慶節休みにレンタル彼氏を北京郊外の実家に連れて帰り、親族を安心させる作戦に出た。「彼氏」の王さんは年齢差を隠すためにあえて実際より年上に見えるようスーツを着込み「30歳です」と5歳サバを読んだ。同じ会社のボーイフレンドだとすっかりだまされた祖母は安堵の表情を見せた。

祖父母が陳さんに早期の結婚、出産を促すのは、かわいい曽(ひ)孫が見たいからだけではない。年金や介護など社会保障が不十分な中国では、老後に面倒を見てくれるのは子と孫しかいないという切実な事情もある。