アート&レビュー

クローズアップ

米国で韓流ブーム? 韓国人ラッパー「PSY」人気爆発

2012/9/26

 米国でも韓流ブームか――。韓国人ラッパーのPSY(サイ)の「GANGNAM STYLE(江南スタイル)」が、韓国語の歌詞にもかかわらず、爆発的な人気を集めている。ミュージックビデオが投稿サイトで2億5000万回超の視聴を記録、米ビルボードの9月下旬のメーンチャートで韓国音楽として最高の11位にまで上昇した。

 韓国で活動するPSYは同月、米国を訪問。音楽専門チャンネル「MTV」や全国ネットであるNBCの朝の番組に登場した。NBC番組では著名キャスターと一緒に踊ってみせた。

 音楽のノリが良く、やや太めの体形を派手なスーツに包むPSY。外見からは想像もつかないような激しく、ユニークな手足の動きを繰り返す。「高級なドレスに簡単なダンス」(PSY)がコンセプトで、誰でも踊れると評判だ。

 ボストンの大学を卒業しているPSYは英語が話せる。常に堂々とリラックス。ユーモアもある。NBC番組では「僕もパパラッチに追いかけられるような身分になってみたいかな」と話し、笑いを誘っていた。

 動画投稿サイトの人気者からスーパースターになったジャスティン・ビーバーと同じエージェントと契約。韓流ラップの勢いは当面止まりそうにない。(ニューヨーク=原真子)

アート&レビュー

ALL CHANNEL