WOMAN SMART

朝・夕刊の「W」

育児休業「男女で3年」では 青野慶久・サイボウズ社長

2013/5/13

2児の父親で育児休業を取得したことでも話題になったサイボウズの青野慶久社長に、女性が働くための環境作りや、女性と企業経営の関係を聞いた。

――東証1部上場企業の社長が育児休業を取ったことは大きな話題になりました。

インタビューに応じる青野慶久・サイボウズ社長

「私は昭和の時代に生まれたベンチャー企業の経営者です。心の中には朝から晩まで働いて、職場で倒れても、それが本望という思いがあります。しかし、頭で考えて育児休業をとりました」

「サイボウズでは男性が育児休業することをためらわなくなりました。社長がとったのですから。私はよく『制度と風土』という言い方をするのですが、育児休業の制度があっても、それを取得する風土がなければ無駄な制度になります。風土は経営者が作るものです」

――男性が育児休業をとれば、女性が働き続けられるというものでしょうか。

「働き続けられますよ。育児休業という狭い意味ではなく、男性が育児に参加するのです。経験してみて分かりましたが、女性にしかできない育児はありません。母乳しか飲みたがらない子どもでも、そのうちミルクも飲めるようになります」

「育児は朝から晩までイベント続きで、年間365日、休みがありません。この重労働を1人の女性に任せていたら、女性は2人目や3人目の子どもを産みたいという気持ちにならないでしょう。日本では出生数が1970年代に減り始めたのに、なぜこれが変わらないか。企業経営者も政治家も、家庭を顧みず、子育てをしないで頑張って働いてきた人が今のリーダーたちだからです。なかなか変わりません」

――女性が働きやすくするには、保育所をもっと整備すべきだとの声が強いです。

「その問題意識を持つ人は多い。横浜市のように積極的に保育所を整備する自治体も出てきて、流れは悪くありません」

「もっと根本的な問題もあると思います。価値観と言えるものです。男性が育児休業をとる勇気が出ないのは、取得すると昇進の道から外れてしまうのではないかと考えるからです。その裏には男性は昇進しなければならないという価値観があります。管理職の数が変わらないとして、3割を女性にするならば、男性の管理職が3割減ることになります。男性の価値観を変えていかないと、解決しない問題も多くあります」

――女性にも育児休業で職場を離れると、会社に戻ってからのポストや仕事が心配だという声があります。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
日経DUAL
帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?
日経ARIA
「黒字企業で評価A」のあなたも早期退職の対象にな
日経doors
ハヤカワ五味が実感する読書 「筋トレと似ている」
ALL CHANNEL