WOMAN SMART

朝・夕刊の「W」

女性の活躍推進 語録にみる細谷英二氏の真意 Wの未来 会社が変わる

2013/6/28

細谷英二氏(2012年3月撮影)

東日本旅客鉄道(JR東日本)とりそなグループで女性の活躍推進に尽力した故・細谷英二氏。昨年11月に亡くなった細谷氏の生前のインタビューや著述からその真意を探った。

りそなホールディングス会長に2003年6月に就任した細谷氏は「女性に支持される銀行を目指す」と宣言。そのためには商品・サービスにも女性の視点が重要だとして、旧来の金融機関の常識にとらわれず、女性社員を積極的に活用する姿勢を明確にした。

「組織に重要なのはダイバーシティー(人材の多様性)。異質なものと異質なものがぶつかり合うことで新しい知恵が生まれ、リスクへの感度が高まり、リスクマネジメントにも有用だ」
「公的資金が注入され、経営状況は目を覆うばかり。社員報酬を3割カットするなど社員の待遇にもメスを入れた。すると30代の優秀な男性は転職で社外へ流出し、残った社員のモチベーションも下がった。ただ経営立て直しには人材力の底上げが欠かせない。その答えが女性の潜在力を生かすこと」
(2012年4月9日、日本経済新聞生活面『トップが語るワークライフバランス』)

ダイバーシティー経営の重要性を意識する経営者は多いが、女性の活躍推進にかける細谷氏の熱意は際立っている。何がそこまで駆り立てたのか? 原点は国鉄時代の苦い経験にあるという。

「国鉄は1985年4月の大卒を対象に採用を再開しました。当時、私は総裁室秘書課で採用の責任者でした」
「このとき東大経済学部出身で、どうしても国鉄で活躍したいという女性が訪問してきました。乗り物が好きで、大学時代は運動部のマネージャーを務め、自分は男性社会の中に入っていっても適応できると強調していました。国鉄では、発足以来、医者と心理学者以外で女性の幹部候補の大卒を採用したことはなかったのですが、若いリクルーターと何回か面談し、非常に魅力ある女性なので、私の段階で内定を出しました」
「ところが担当の常務理事から副総裁のところに話が上がると前例がないから絶対にだめだと言われてしまいました。そこで彼女を呼び、正直に実情を話しました。当時は11月1日に筆記試験を実施し、そのときに正式に内定を出すことになっていました。彼女には、内定は出せないので試験に来てくれるなと頼みました」
「試験には来なかったので、ホッとしていたら、ほどなく総裁の秘書役から呼び出されました。総裁あてにこんな手紙が来ているがどんな事情があったのかと尋ねられました。彼女は国鉄への思いを連綿とつづった直訴状を送ってきたのです。話はここで終わってしまったのですが、私は企業として二度と能力のある女性の夢を奪うようなことをしてはいけないと大いに反省しました」
「JR東日本になってからは採用活動には携わらなかったのですが、89年に女性事務系総合職の1期生が入社してきたときには本当に彼女たちを活躍させたいと思いました。運輸省(現・国土交通省)上級職で初の女性職員や、高島屋や富士銀行(現・みずほ銀行)の女性総合職の1期生らと引き合わせるなどボランティア的に支援してきました」
(2010年9月20日、日本経済新聞電子版『細谷英二氏の経営者ブログ』)

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL