N
旅行・レジャー
耳寄りな話題

2013/6/16

耳寄りな話題

ビール各社もスイーツ提案

「ビールほど相性の良い食べ物のメニューが多いお酒はない。それゆえ、相性のいいスイーツを切り口に、ビールの新たなファンを作ることも可能では」との期待が業界関係者の間に根強い。キリンほど大々的ではないが、大手各社でも、ビールとスイーツとの相性の良さをアピールする試みを始めている。

アサヒビールの「スーパードライ」とアーモンドチョコフレーク(同社のホームページから)

アサヒグループでは、アサヒビールホームページの「ズバうま!おつまみレシピ」で「アサヒ・スーパードライ」と「アーモンドチョコフレーク」、ベルギービールの「レフ」と「ムース・オ・ショコラ」という2つを提案。前者は、アーモンド入りチョコレートとフレーク、クリームチーズ、お好みのジャムを加えて混ぜたもの。後者は、ビターチョコレートとホイップした生クリームなどを混ぜたスイーツだ。

サントリー酒類は工場見学者に「プレミアム・モルツ」と「パインジュレ」の組み合わせを提案(東京都府中市の武蔵野工場)

サントリー酒類が提案するのが「ザ・プレミアム・モルツ」とパイン果汁のゼリー「パインジュレ」。武蔵野(東京・府中市)、京都ビール(京都府)、九州熊本(熊本県)の3工場で「プレミアム・モルツ」の製造現場を見学した人たちに、工場内のレストランの試飲のおつまみのひとつとして提案している。「プレミアム・モルツの華やかな香りを引き立てるはず。ドライフルーツなども同様にマッチするはず」(広報グループ)

注目記事
次のページ
女性のファン開拓が急務