N
旅行・レジャー
耳寄りな話題

スイーツをつまみ、ビールを 相性の良さにもう1杯

2013/6/16

耳寄りな話題

相性の良いパートナーと巡り会えれば幸せな人生を送れるのと同様に、良いおつまみとの出合いによりアルコールの楽しみも増える。スイーツブームの中、「ビールとの組み合わせを考えてみよう」という一風変わったセミナーが開催されると聞き、受講してみた。

「組み合わせの意外感に惹かれた」

5種類のビールと最上の組み合わせで選ばれたスイーツの数々

「これは私からの挑戦状だと思ってください」

5月25日、キリン横浜ビアビレッジ(横浜市鶴見区)で開催された「ビールとスイーツの愉しみ方」セミナー。本題のマリアージュ(食べ合わせ)について話す前に、セミナー講師であるキリンアンドコミュニケーションズの中水和弘さんは、ほほ笑みながらこんな言葉を投げかけた。

(1)「キリン一番搾り生ビール(一番搾り)」(2)100%アロマホップを使用した「ハートランドビール(ハートランド)」(3)小麦麦芽を原料にした「ヴァイツェン」(4)上面発酵酵母を使ったエールタイプの「横浜エール」(5)黒ビールの「ギネス エクストラスタウト(ギネス)」――の5種類を用意。これらと、中水さんらが最も合うと考えた「チーズスフレ」、「栗むし羊羹(ようかん)」、コーヒー風味を織り交ぜたチョコレートケーキ「オペラ」、レモンクリーム入り「マカロン(シトロン風味)」、アーモンド風味のメレンゲを使った焼き菓子「ダックワーズ」の5つとの組み合わせを提案。参加者に評価してもらおうというものだ。

横浜市内で開かれたセミナーは盛況。男性よりも女性の方が多い

セミナーは2012年秋にスタートし、この日が5回目。ビアビレッジでは1991年の開業以来、「世界のビール」など6講座を開いているが、「ビールに合うスイーツを」との受講者の声を受けて、スタッフが組み合わせの研究を開始。「舌をリセットする塩昆布を片手に、2年間ビールとあらゆる種類のスイーツを食べ比べた」(中水さん)結果、「相性の法則」が固まったため講座のひとつに加えた。

この日は32人の定員に対し500人以上が申し込み、競争倍率は17倍に上った。「組み合わせの意外感に惹(ひ)かれた」(横浜市の38歳の女性会社員)と好奇心から申し込んだ人も多い。受講者の6割超が女性。男性にファンが多いとされる昨今のビール事情を考えると特徴的だ。

注目記事
次のページ
香りと味決める、麦芽・ホップ・酵母