平均15%以上は4分の1に激減

指南役 続いてはバラエティ編です。1位は、2010年に続いて『行列のできる法律相談所』。MCの島田紳助サンの芸能界引退という逆風を乗り越えての快挙です。

津田 まぁ、紳助サン的には複雑な気持ちかと。自分がいなくても視聴率にほとんど影響が…(笑)。

草場 紳助銘柄は、明暗が分かれたね。『行列』『鑑定団』『深イイ話』あたりは、MCが変わってもさして影響ないのに対し、『ヘキサゴン2』はとうとう打ち切り。

小田 もともと賞味期限がささやかれていたからね。09年の3位から2010年20位、そして11年は31位…これは仕方ない。

津田 それにしても、日テレが上位4番組を独占するなど、安定感バツグン。かつての4冠王時代の勢いを取り戻しつつある。

2011年1月1日から11月20日に放送された、レギュラー放送開始時間が18時56分から23時台のバラエティ、音楽番組が対象。ビデオリサーチ関東地区のデータを基に編集部で作成した。小数点第2位以下は四捨五入。放送時間拡大による加重平均はしていない。対象時間内で枠移動があった場合は、同じ番組として続けて集計。スペシャル回も含む。視聴率が2ブロックに分かれている場合は高いほうを換算。「10年比」は順位。*は、3月までの池上彰レギュラー分も合算。