男一人旅 南国の離島、竹富島で身も心も「裸族」

仕事漬けの毎日から自分を解放すべく、離島に行って一人、裸で過ごす――。そんな「大志」を抱き、乗ったのは羽田11時30分発、石垣空港行きのANA便。目指すは竹富島。石垣島から船で10分の離島だ。以前は石垣島へ行くには那覇経由だったが、2013年3月7日の新石垣空港開港に伴って、羽田からの直行便が通じた。アクセスが便利になったのはうれしい限り。しかし、1泊では足りない。そこで意を決して金曜日は会社を休み、土日と合わせて3日間の休日を獲得したわけである。存分に楽しんでやろうではないか。
全力で仕事に取り組む日々。時には「週休3日」で心身をリフレッシュしてはどうだろう

南国の風で日常の「あか」を洗い落とす

石垣空港に到着したのは15時すぎ。開業1年足らずとあって、さすがにきれいな空港だ。けれど空港見学は帰りにし、早速タクシーに乗って石垣港へ向かう。道路に車は少なく、やけに飛ばすタクシーの車窓の外を、牧歌的な農村風景が流れていく。20分ほど走り、人や車が増え、ビルが立ち並ぶ市街地に入ったところで港に到着。「石垣港離島ターミナル」という看板に胸が踊る。

竹富島までの船旅は10分だが、船が立てる引き波、そして風には、仕事漬けの毎日でたまった心のあかを洗い落とすような爽快感がある。船着き場に迎えにきていた車で、まずはホテルへ。今回の宿は、島の南東にあるリゾートホテル「星のや 竹富島」。民宿も考えたのだが、決め手になったのは、全客室が離れになっていること。この旅の目的は観光ではなく、「裸になる」ことである。それを気兼ねなく実現するには、もってこいの宿と見たのだ。

チェックインしても、まだ午後の4時。島をざっと見て回るなら自転車がいいと教えられ、レンタサイクルでの島一周ツーリングへと繰り出した。しばらく走っても車には出会わず、信号機すら目にしない。こんもり茂った緑から感じるのは、“草いきれ”。むっとするような熱気に、子供の頃の夏休みを思い出す。

ひたすら平坦なサンゴ道を走る。聞こえるのは風と鳥の声だけ

途中、草むらを通りかかった際、群れをなして逃げていったのは野生のヤギだろうか。驚かせてしまったかな。それにしても、ずいぶん蝶(ちょう)の多い島だ。先ほどから、いろいろな種類の蝶が、自転車のまわりをひらひら舞っている。時に相伴し、時に先導するかのような蝶と戯れつつ、のんびりペダルをこぐ。

竹富島は蝶の楽園。オオゴマダラはポピュラーな蝶の一種

訪れたのは、島を代表する美しい浜のコンドイビーチ。白い砂浜の向こうに透明度の高いエメラルド色の海が広がり、まさに絵はがきの風景だ。かなり遠浅らしく、はるか沖合を人が歩いている。引き潮なので、ところどころで白い砂浜が海面に顔を出している。あのような場所で過ごしたら、つかの間、無人島を独占したような気になれるだろうか。

シュノーケリングも可能なコンドイビーチは島で唯一の海水浴場

東京を出てわずか数時間で、ビーチで足を投げ出している自分がいる。いつもの金曜なら、会議室で喧々囂々(けんけんごうごう)としているはずだ。わずかな勇気を出して休暇を取ることで、こんな至福な時間が過ごせるのだと、この年齢になって初めて知った。