国内タブレット市場の起爆剤 7型端末選びのポイント微妙なサイズの違い、通信の有無、コンテンツの充実に着目

30日、KDDIとソフトバンクモバイルが米アップルの7型タブレット(多機能端末)「iPad mini」の携帯電話内蔵モデルを発売した。9月に発売された米グーグルのネクサス7(台湾エイスース製)に加え、12月にはアマゾン・ドット・コムが「Kindle Fire(キンドル・ファイア)HD」の発売を予定している。年末に有力端末がほぼ出そろう。

KDDI(au)とソフトバンクモバイルが発売した、携帯電話回線も使えるタイプの「iPad mini(アイパッドミニ)」=共同

タブレット端末はこれまで10型サイズの「iPad」が市場を独占していた。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)よりも大きな画面と10型タブレットが劣る携帯性を備える7型端末は、国内のタブレット市場に火をつける起爆剤となる可能性を秘めている。

「携帯電話回線内蔵のタブレットが8割に」

「これまでタブレット市場全体で、ネットワークにつながるもの(携帯電話機能内蔵型)が2割程度、8割がWi―Fi(無線LAN)対応モデルだった。持ち運びができる7型のiPad miniがでることで、ネットワークにつながるモデルが8割となり逆転するとみている」――。KDDIの田中孝司社長は30日のiPad miniの発表会でこう話した。7型タブレットは、ユーザーが持ち運びいつでもどこでも通信する端末として期待を集めている。

ネクサス7は手ごろな値段が人気(ビックカメラ有楽町店)

7型タブレットは、家電量販店の売り場にも変化を起こしている。従来の10型タブレットに加えてネクサス7を扱うようになったビックカメラ有楽町本店のタブレットコーナーの販売担当員は「10型端末の購入者は男性が大半だった。7型は半数弱が女性で、高齢者の関心も高い」と変化を実感している。売り場には10型端末も並ぶが、ネクサス7は持ち運びがしやすく容量価格が2万円以下(16GB機種)という点が受けているという。

実は日本は他の地域に比べてタブレットの普及がそれほど進んでいない。米調査会社ディスプレーサーチの調べによると2011年の日本の販売台数は358万台と米国の販売実績である3600万台を1桁下回る。これまでのタブレット市場は米アップルのiPad(10型)が独走状態。米国では自動車通勤も多く、持ち運びにさほど不便さを感じないなど生活様式の違いに加え、映画や書籍などのデジタル化が日本よりも進み豊富なコンテンツが流通しているということが背景にある。

「世界全体を見て、これまでは日本はタブレットの浸透率は非常に低かった。だが、これからはタブレットの時代がくる」とKDDIの田中社長は意気込む。

「年末商戦では、7型タブレット端末の構成比がかなり高まる」と家電量販店の販売動向を調査しているBCN(東京・千代田)アナリストの森英二氏は予測する。同社の調査では、国内のタブレット端末販売に占める8インチ以下の構成比は、9月時点で15.95%、10月に52%、11月は60~70%台と高まっている。電車通勤が多く、移動中の利用シーンが多い、スマホより大きな画面の端末を常に持ち歩きたいというユーザーのニーズにマッチしたものと推測できる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
薄く、軽く「別物」の体験
MONO TRENDY連載記事一覧