中江有里さん 過去の自分、日常の恐怖を明日の活力に変わりどきは、読書どき(4)

夏の猛暑、ゲリラ豪雨、何度もやってきた台風、竜巻…。今年は例年以上に、天候に翻弄されることが多い気がします。

人間が宇宙へ行ける時代になって久しいですが、人を宇宙へと運ぶロケットを飛ばすタイミングはお天気次第。

どれだけのテクノロジーが発達しても、自然にはかなわない。だから自然の声には耳を傾けようということでしょう。「晴耕雨読」の言葉通り、晴れた日は田畑を耕し、雨の日は読書する。

バリバリ働くだけじゃなく、ゆっくりと過ごすのも人間の自然の形。普段の疲れを取るため湯船に浸かるように読んで欲しい2冊をご紹介します。

大島満寿美著『三月』(光文社 1500円+税)

大島満寿美著『三月』(光文社 1500円+税)

登場人物は6人の女性。学生時代の仲間だった彼女らは、現在バラバラの人生を歩んでいます。卒業からおよそ20年経ったある日、当時の男友達の死を通じて、連絡を取り合うようになります。6人がまるでリレーするように次の人に連絡し、それぞれの過去が明らかになっていく。やがて海外にいる一人を除いて、ひさしぶりに集まることに。

学生時代の友達は、実に貴重な仲間です。年齢もほぼ同じ、自分がまだ何者でもなく、ただの学生だったころから知っている仲間。そして卒業後にどんな道をたどっているかが気になる仲間。今の自分を推し量る際、ひとつの比較対象となる相手。

結婚、仕事、容姿、住まい、今の自分を取り巻く全て、それらを若き日から知る相手の現在と、今の自分を比較するのは、仲間の人生が自分の歩まなかったもうひとつの人生みたいなものだから。

読みながら、人間は今の自分が「なぜここにいるのか」そして「なぜ生きているのか」という謎を解くために生きているのかもしれない、そんな風に感じました。

彼女らの会話は、昔となんら変わりません。学生時代の仲間と話すと、多くの人が当時の自分に戻ってしまうように。

読後、友達に会いたくなりました。