WOMAN SMART

ビューティー

女性の大敵「ほうれい線」 できやすさをチェック

2013/5/15

 アラサー世代が気になり始める、でき始めの「ほうれい線」。ほうれい線があると顔がぐっと老けるだけでなく、メイクでも隠すことができないのが厄介です。ほうれい線は放っておくと、年齢を重ねるにつれて、どんどん深く刻まれていきます。最近では、ヒアルロン酸やボトックス注射などの「プチ整形」で改善する方法もありますが、化粧品やプチ整形では、根本的な改善にはなりません。

 ほうれい線の原因は、頬の筋肉の衰えによる「たるみ」によるもの。具体的には、頬に付着する脂肪がたるみ、下に落ちることで、溝が深く目立ってくるのです。上から化粧品やヒアルロン酸など与えても、一時的に溝を埋めるだけで終わってしまいます。ほうれい線を作らないようにする(目立たせないようにする)には、頬の皮膚がたるまないように、筋力強化することが大事なのです。

 「私はまだまだ大丈夫」と思っているあなたも、安心してはいられません。現代社会は、パソコン作業、食生活の変化などにより、ほうれい線のできる年齢が、昔より若くなっています。では、まず以下のチェックリストで、ほうれい線のできやすさをチェックしてみましょう。

~「ほうれい線」出来やすさチェック~

1.丸顔である
2.頬は、つまむとポニョポニョと軟らかい
3.ダイエットをして、痩せたり太ったりを繰り返している
4.洗顔後は、すぐに化粧水をつけないとつっぱる
5.日焼けしている
6.猫背気味だ
7.肩こり、首こりがひどい
8.口が半開きになりやすい
9.頭皮を指で揉むように動かしたとき、顔の皮膚が一緒に動かない
10.もの食べるとき、左右どちらか片側ばかりで噛む癖がある
11.最近、二重あごやエラの張りが気になってきた
12.目の下の▽ゾーンの毛穴が目立つ
13.パソコン作業が多く、前傾姿勢になる時間が長い
14.眼が疲れやすい
15.睡眠中に顔についた枕やシーツの跡がなかなか消えない

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL