旬の話題を「噺」に仕立て、巧みな話術で引き込む~噺家が闇夜にコソコソ

落語家たちが1人ずつ、話題のニュースを独自の目線で話して聞かせる。自らが取材に足を運び、報道されていない新事実を明かにしていく。和服姿の男性が正座で並んでいる光景が物珍しく、バラエティーらしからぬ雰囲気にまず目がいく。そのうちに、話す内容の面白さに加えて、お笑い芸人とは一味違う話術に引き込まれる。

『噺家が闇夜にコソコソ』は、2013年の年末に深夜の特番として放送された。視聴率はそれほど振るわなかったが、新しいタイプの番組ということで局内での期待の声が高まり、この春に深夜帯でレギュラー化した。この番組を企画した理由について、「僕が落語が好きだから」と、プロデューサーの赤池洋文氏は話す。「せっかくバラエティー番組で笑いの仕事に携わるのだったら、一度は落語を見ておこう」と、社会人になってから落語会に足を運んだのがきっかけだった。

日経エンタテインメント!

「古典を学ぶぐらいの気持ちで行ったところ、予想に反してごく自然に笑えたんです。落語ファンを除き、この人たちが一般的には無名というのはもったいないと思いました」(赤池氏)

演芸番組はあるものの、落語家が主役のバラエティーは、現在は『笑点』(日テレ系)しかない。「いい武器を見つけたな、という感覚がありました」と赤池氏。認知度の高いタレントが出ていなくても興味を持ってもらえる旬のニュースをテーマにし、彼らの魅力を最大限に生かすために、その話題を「噺(はなし)」に仕立ててプレゼンしてもらうことを考えた。

「芸人さんが常に新ネタを作ることに重きを置くのに対して、落語家さんは、新作落語を作ることはありますが、噺の筋が決まっている古典落語を、いかに面白く、感動的に伝えるかを競っているわけです。よく言われる、“立川談志の『芝浜』はいいね”っていう感覚は、僕が見てきたお笑い界ではなかったものでした。規定演技で誰よりも優れているのが落語家さん。伝達能力のすごさを際立たせたいと思ったんです」(赤池氏)

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
ニュースを誰よりも面白く
エンタメ!連載記事一覧