個人情報流出、不審な友達申請…SNSトラブル回避術

まずはTwitterから説明しよう。Android(アンドロイド)スマホでツイートを投稿するとき、過去に位置情報を利用したことがあれば、右下の位置情報アイコンがオンになっている(図7)。このまま投稿すると、GPSなどで測位したデータがTwitterのサーバーに送られて、誰でも見られる状態になる。もしツイート内容で自宅にいると分かれば、そこが現住所だと推定できてしまう。

図7 Twitterは、現在地の正確な位置が簡単に出てしまう。スマホでツイートするときは、右端(iPhoneでは左から2番目)の位置情報アイコンを必ず確認しよう。位置情報が入ったツイートは「港区,東京都から」のように地名が表示される。これをクリックすると地図上で正確な位置が分かってしまう

これを防ぐには、「ユーザー情報」の設定画面を開いて「ツイートに位置情報を追加」のチェックを外しておく。また、設定画面で「すべての位置情報を削除」ボタンをクリックすると、過去に投稿した位置情報をまとめて削除できる(図8)。

図8 原則として位置情報を使わないときは、ブラウザーでTwitterの設定画面を開き、「ユーザー情報」の「ツイートに位置情報を追加」欄のチェックを外す。スマホのアプリにも同様の設定がある。また「すべての位置情報を削除」ボタンを押せば、過去に誤って付けた位置情報を一括して消去できる
MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧