インドやロシアで人気の日本アニメとはJエンタの逆襲(下)日経エンタテインメント!

アニメや映画、音楽といった「クールジャパン」を海外へ広めるには、それぞれの地域の経済状況、国民性、他国のエンタの浸透具合など、刻々と変わる状況を見極めながらの対応が求められる。今回は、現時点でのJエンタのヒット最前線を、「東南アジア」「北米」「ロシア」「インド」といった国・地域別にリサーチし、Jエンタの巻き返しのヒントを探る。

【東南アジア】 シンガポールからインドネシアほか隣国へ、電通マンが起こす旋風

 

毎年秋にシンガポールで開催されてきた「アニメフェスティバル・アジア」(AFA)は、観客数の伸び率、出演者のネームバリューから、世界でもっとも注目度が高いJエンタフェスの一つだといえるだろう。

立ち上げたのは電通シンガポール。その中心にいるのが宮野治彦氏だ。「5、6年前、東南アジアで日本のプレゼンスが激減していた現状をなんとかしたかった」と動機を語る。

版権の高騰でテレビのゴールデン帯から日本の番組が消えた。ドラマは香港製、台湾製が隆盛となり、現在は韓国が席巻。カラオケ店も7割がK-POPだという。宮野氏はそもそもトヨタなど現地日本企業の営業で、クライアントのビジネスにつながる仕掛けを考えていた。たまたま現地スタッフに大のアニメファンがいて「日本のアニメイベントをやれば必ず人が集まる」と主張したため、アニメ主体の企画になったそうだ。

 

2008年11月に第1回を開催。イベント内容は、すべて現地スタッフ主導で決めたという。出演者に水木一郎、May'nなど一線級をそろえ、世界的人気を誇る日本人コスプレーヤーKANAME☆を招へいするなど、「ファン目線」の企画がウケた。

ネット普及率が高い地域だけに、最初からFacebookを最大限活用したのも特徴的。現在AFAのページに登録したファンは18万人を超す。年間を通じて日本のアニメ、アーティスト情報を提供し続けてファンとの関係を築く。さらに、管理者として国別のファン数も把握、そのデータを生かして2012年、マレーシアとインドネシアへ進出を決めた。

多くの海外アニメフェスの主催者が外国人なのに対し、日本企業が運営しているのも強みだ。現地ファンのニーズに応えると同時に、「新作映画を紹介したい」「ゲーム大会を開催したい」といった出展する日本側の要望もくむ。電通のネットワークを生かし、一眼レフを普及させたいキヤノンの協賛で「コスプレ撮影会」を行うなど日本企業とのマッチングも盛んだ。「将来的には日本企業の東南アジア展開のための連携の場に」と宮野氏は先を見据える。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
【北米】 3大イベントに加え、フランスの「Japan Exp
エンタメ!連載記事一覧