人気のスムージー、組み合わせでアレルギー誘発も

同じ食材の組み合わせに注意

一方、意外と知られていないのが食材の組み合わせ方だ。

スムージーをよく取る人は、「毎回、同じレシピで作っている」という人も多いはず。実は、これによって「遅延型フードアレルギー」を引き起こす可能性があるため要注意だ。

遅延型フードアレルギーとは、よく知られている即効型アレルギー(食べ物を摂取してすぐに症状が表れるもの)とは異なり、食物を摂取後、数時間から数週間後に症状が表れる食物アレルギーだ。症状が出にくいため、原因に気づきにくくよく分からないまま不調になる人が多いのが特徴だという。

しかも、遅延型フードアレルギーの原因として上位にくる食品の中には、乳製品(ヨーグルト、牛乳、チーズ)、バナナ、パイナップル、スイカ、メロン、柿といった、スムージーの材料として人気のものが多い。

“体にいいから”と毎日同じ野菜、果物、乳製品などを取って取り続けることが逆効果になることも。

「スムージーのレシピは、最低3つは持ち、できるだけ多種類の食材を効果的に組み合わせるようにしましょう」と、浜中さんはアドバイスする。

糖分は控えめ、ホットは温めすぎに注意

スムージーのコンセプトは、フレッシュな野菜、果物の栄養素を“食事”の一環として取ること。おいしさを追求すると、ついハチミツやシロップなど糖分を加えがちだが、カロリーオーバーには注意したい。

「スムージーは、食材の自然な甘みを生かすのがベスト。どうしても飲みにくい場合は、糖分を加えてもよいのですが“ほんのり甘い”程度に抑えましょう」と浜中さん。

また、野菜や果物の酵素やビタミンCなどを効果的に摂取するには、冷やした状態か常温がベストだが、体が冷えやすい人にはホットスムージーもOK。その場合は、できるだけ栄養素を壊さないよう短時間で温めるのがポイントだ。

この人に聞きました

浜中聡子さん
AACクリニック銀座院長。医学博士。国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医、米国抗加齢医学会(A4M)専門医など多数の資格を持つ。「健康と美の調和」をコンセプトに、加齢による身体機能の低下に起因する体調不良や、予防医学による健康増進、女性の薄毛や肌の悩みの治療、指導などを行う。著書に「ドクターズ スムージー決定版」(扶桑社刊)などがある。

(ライター 源川暢子)

[nikkei WOMAN Online 2013年11月18日掲載]