働き方・学び方

僕たちはどう働くか

東京都職員から夕張市長 人生を変えた決断 夕張市長 鈴木直道(3)

2014/2/4

 市長になってから、時々「政治家になりたい」と相談されることがあります。私は最初から政治家になりたい、と志していたわけではありません。

鈴木直道(すずき・なおみち) 1981年埼玉県生まれ。1999年東京都入庁。2004年、都庁に勤めながら4年で法政大学法学部法律学科を卒業。2008年夕張市へ派遣。2010年11月、夕張市市長選の出馬を決意し東京都庁を退職。2011年4月、夕張市長に就任(写真 編集委員 嵐田啓明)

 2年2カ月夕張にいて、やりたいことの延長線に「政治家」という仕事があった、ということが一番近いのかもしれません。企業に就職し、やりたいことを働きながら見つけていく、仕事とは切り離してやりたいことを見つけていく。様々な生き方があると思います。一方、政治家は、「この地域・国のために何かしたい」という強い思いがあって初めて選ぶ仕事です。まず「政治家という職業になる」ことを目的にしないほうがいい。出馬し、選挙に出るということはやはり人生を変える特殊な決断だと思うからです。

■出馬を決断した理由

 私は2010年11月末、夕張市長選挙に立候補するため東京都職員を退職しました。夕張市の市長の月給は25万9千円。手取りにすると20万円に満たない。東京都職員の年収より200万円近く減ってしまいます。

 東京都職員として夕張市に派遣された私に、市長選への出馬を働きかけてきたのは仕事やボランティア活動で知り合った仲間たちでした。それ以降、人生で初めて夜も眠れないほど悩みました。

 当時、私は婚約者との結婚を控え、埼玉県内にローンを組んで家を買ったばかり。そもそも、選挙に勝てるのだろうか。落選したら無職。仮に当選したとしても年収は大きく減る。生活への不安は次から次へとあふれてきました。

 これだけ多くの不安があるのに、なぜ断ることを迷っているのだろう――。

 思えば私は夕張に派遣されてからの2年2カ月間、仕事やボランティア活動を通して、少しでも夕張をよくしたいという強い思いを抱いてきました。ともに過ごした仲間たちの姿も常に頭にありました。そんなことを振り返るうちに、私でも夕張でやれることがあるのではないか、と思えるようになったのです(前回「夕張の現実は日本の明日」)。自分が市長になることで、夕張にプラスを生み出せるかもしれない、それなのに私は何を小さなことで悩んでいるんだ、と。

 東日本大震災などもあり、世間の目は破綻した夕張から離れていました。選挙を通して「夕張問題が忘れられることが怖い」との声も聞くなかで、もし私が当選すれば、(当時)最年少市長の誕生として世間がまた、一瞬でも夕張に目を向けてくれるかもしれない、とも考えました。

 学生時代から、工事現場、宅配、酒屋など、飲食店以外のアルバイトはほとんど経験していました。幸い、親が健康な体に生んでくれたので、(もし選挙がうまくいかなくても)仕事を選ばなければ自分と妻一人を養うくらいなんとかなるかとも思いました。

【関連キーワード】

鈴木直道夕張

働き方・学び方

ALL CHANNEL