武士や農民が数学で腕比べ 和算文化は江戸の華

江戸時代、日本では数学が飛躍的に進歩し、西洋と肩を並べるほどの発展を遂げた。この日本独自の数学を「和算(わさん)」という。名和算家・関孝和の登場は、鎖国中だった日本の数学を世界最高水準に押し上げたといわれる。江戸時代初期に『塵劫記(じんこうき)』が刊行されると、空前の和算ブームが到来。日本中の元祖・理系が、熱に浮かされたように数学の問題を解いた。当時の日本人はなぜ、それほどまでに和算に熱中したのか。和算の歴史をたどり、その秘密に迫ってみよう。

庶民も武士も熱狂、江戸時代に花開いた和算文化

(イラスト:ヤマモトマサアキ)

和算の歴史は、中国の数学が朝鮮半島経由で伝来した飛鳥時代にまで遡る。奈良時代に古代律令制が確立すると、数学は中央官僚の必修科目となった。室町時代に入ると、中国からそろばんが伝わり、江戸時代には本格的な和算ブームが到来する。

「江戸時代に和算が流行した背景には、貨幣経済の発達があります。農民が1年の収穫高に占める年貢や地方税の割合を計算し、作物を売って貨幣を得る際には、計算ができなければならない。一方、幕府や藩で土木測量や台所を預かる武士にも、数学の知識が必要とされました。こうして、商人はもちろん、武士や農民の間にも和算が広まっていったのです」(和算研究所理事長・佐藤健一さん)。

なかでも流行の火つけ役となったのが、1627(寛永4)年に刊行された『塵劫記(じんこうき)』であった。吉田光由が執筆したこの数学書には、そろばんの使用法や測量計算法、売買代金計算法、土地の面積の求め方などが、用途別に分かりやすく説明されていた。『塵劫記』は空前のベストセラーとなり、和算ブームの発信源となっていく。

江戸時代の算術書『塵劫記』。容積の単位や九九、面積の求め方など、日常生活に必要な計算法がほぼ網羅されている。300種類を超える海賊版が作られ、大正時代まで続く空前のロングセラーとなった(『新編塵劫記』国立国会図書館デジタル化資料より)