突然起こる「過呼吸・パニック発作」原因と対処法呼吸の病気 最新ガイド

漢方薬も助けになる。「過呼吸やパニック発作は体が弱っている人に起こりやすい。その体を整えることで心を安定させるのが漢方薬の長所」と吉祥寺東方医院長の三浦於菟(おと)医師。

「緊張で体が震えるような人には高ぶりを抑えるとともに胃腸の働きも良くする抑肝散加陳皮(よくかんさんかちんぴ)半夏(はんげ)、パニック発作には甘い味で心をホッとさせる甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)などがよく効く」(三浦医師)

過呼吸・パニック発作時の対処法は、やはり呼吸

発作が起きたときは慌てずに腹式呼吸を静かに繰り返せば、自分で治めることができる。

ただし、発作時は息がうまく吸えないという焦りで圧倒されてしまうので落ち着くことが肝心。以下の4つのステップで、ゆっくりと腹式呼吸を繰り返せば数分で治まる。

1.いったん息を止める
2.お腹に手を当てて静かにゆっくりと息を吐く
3.吐ききったら自然に息を吸う
4.お腹が上下するのを確認しながら腹式呼吸を繰り返す

この人たちに聞きました

三浦於菟さん
医師。吉祥寺東方医院長、東邦大学医学部客員教授。「体を元気にして心を安定させる漢方薬は、のんですぐに落ち着くと感じます。高ぶったときや不穏な感じがするときにのんで発作を予防することもできます」
北西憲二さん
医師。森田療法研究所、北西クリニック院長。「パニック発作や過呼吸は生き方に無理があるという警告。自分なりに不安への対処法を学び、苦手なこと、怖いことに少しずつチャレンジして乗り越えていく

(ライター 小林真美子・宇山恵子)

[日経ヘルス2013年7月号の記事を基に再構成]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント