老後おひとりさまも怖くない孤独力を高めるヒント

もし、このままひとりで年を取ったら、50 歳、60 歳になってからとても寂しくなるのでは。そんな不安を持つ人のために、ひとりでいられる力=孤独力の高め方を精神科医の水島広子さんに教えてもらった。「ひとりでも、精神的には孤独じゃない」と思えるカギは、つながっている感覚にあった。

孤独感から抜け出すには「与える行動」を取ること

「独りぼっちで、寂しくてたまらない」。そんな気分になったとき、実はちょっとした行動一つで寂しい気持ちから解放される。

「例えば、コンビニの募金箱に釣り銭を入れてみたり、道端に落ちている空き缶をゴミ箱に捨てたりする。『私、いいことしたな』と温かい気持ちになります。その瞬間、自分の心が開いて社会とつながっている感覚を味わい、孤独感から解放されるのです」と水島さん。

孤独や寂しさを感じるときは、心を閉ざして自分のなかに引き籠った、精神的に孤立した状態。だが、この気分は、簡単に変えられる。変えるカギは、「与える、感じる、感謝する」行動をすること。「何かとつながっている感覚」を持てるからだ。

「職場で『おはようございます』と自分からあいさつしたり、会釈したりしてみると、自分の心が開いていくのを感じられるものです。相手の立場に立って、電話の取り次ぎメモを残すのもいいでしょう。これらはすべてこちらから『与える』行動です。思い切ってランチに誘ってみたら、仲良くなれたということも起こるかもしれません。『仲がいいわけじゃないのに、ランチに誘っていいの?』という心配は無用。誘われるというのは、自分に関心を持ってくれたということ。誰だってうれしいものですよ」(水島さん)

このとき大切なのは、見返りを求めない姿勢。「相手からどう思われてもいい。私がしたいからするだけ」という気持ちで行うのが、心を開くコツだ。「あいさつして無視されることは、あまりないものですが、万が一返ってこなかったとしても、それは相手が異常事態。『機嫌が悪いのかな』と思えばいいのです」

「孤独力を高める行動」
● 職場で…
・自分からあいさつをする
・ほほえんで、会釈をする
・電話を取ったとき、相手の立場に立った伝言メモを残す
・自分からランチに誘ってみる
● 公共の場で…
・落ちているゴミを拾う
・トイレの洗面台の濡れをペーパーでふく
・道を尋ねられたとき、丁寧に分かりやすく教える
・電車の中で席を譲る
● 店で…
・料理を運んできた店員さんに「ありがとう」と言う
・コンビニでお釣りをもらうとき、「ありがとう」と言う
・募金箱に釣り銭を入れる
・「このコーヒー、おいしいな」と感じる
● 家で…
・植物に声を掛けながら水をやる
・「ここだけはきれい、いとおしい」と思える空間をつくる(玄関、トイレ、ベッド周りなど、どこか1カ所でもOK)
・料理を作ったとき「おいしくできた!」と言ってみる
・しばらくぶりの友達に「元気でやってる?」とメールする
・ヨガをしながら、自分の体を感じる
注目記事