旅行・レジャー

京都ここだけの話

外国人がこっそり教える京都の穴場 居酒屋・銭湯…

2012/3/1

■マンガ風の似顔絵が人気

利用者の1~2割を外国人が占める京都国際マンガミュージアム(京都市中京区)

太郎 そもそも外国人は京都に対してどんなイメージを持っているんでしょうかね? 国内では代表的な観光地ですが、海外でも有名なんですか。

京子 うーん、実は日本を初めて訪れる人は京都についてあまり知らないようです。極端な話だと、中国の都市だと思っている人もいますし。

部長 1週間~10日ほどの行程で日本を訪れる場合、成田から入国して東京を中心に観光し、余裕があれば京都にも足を伸ばして1、2泊というパターンが一般的だな。そこで初めて京都を気に入り、リピーターになる、という人が多い。

太郎 なるほど。歴史と文化がある奥深い街ですからね。京都に似ている街といったら、姉妹都市のパリですかね。

部長 1990年代には鴨川にフランス風の橋を架ける計画があったし、門川大作市長もパリのレンタサイクル「ヴェリブ」を視察したことがある。パリは京都の人が「似ている」と呼ばれて喜ぶ唯一の地名かもな。

京子 それは言い過ぎでは……。パリは現在も首都ですし、ちょっと雰囲気が違うと思いますよ。歴史の街という意味では、京都はフィレンツェやベネチアに似ているとも言われます。

部長 歴史のある伝統産業と最先端産業の両方が集積しているところも京都の魅力だ。任天堂の本社がある京都としては、ゲームやマンガ、映画などのコンテンツ産業を観光振興に役立ててほしいところだな。

京子 小学校の校舎を改修した「京都国際マンガミュージアム」も根強い人気ですよ。外国語版のマンガを置いたコーナーのほか、似顔絵コーナーの利用が多いんです。似顔絵描きは外国の路上の方がよく見かけますが、マンガ風に書いてもらえるのは新鮮なようですね。ほかにも外国人に人気がある穴場スポットをまとめてみました。

太郎 日本人でも楽しめそうな場所ばかりで驚きです。京都の楽しみ方は外国人リポーターならぬリピーターに聞け、ですね!

部長 君も日本人リポーターの代表としてうかうかしていられないな。彼らに負けないように取材してくれよ。

(京都支社 荒木勇輝)

次回は3月15日に更新します。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL