旅行・レジャー

京都ここだけの話

外国人がこっそり教える京都の穴場 居酒屋・銭湯…

2012/3/1

■錦市場に立ち飲み……彼らの関心は?

一般家庭で巻きずしと天ぷらを作る料理体験プログラムも人気

部長 そういえば、和食への関心も高まっていると感じるな。健康的なイメージが手伝って海外では日本食レストランが増えている。せっかく日本に来たから、本格的な料亭だけでなく居酒屋や家庭料理の店を訪れたいというニーズも多いんだ。

太郎 大丸京都店の裏に私がよく行く「百(ひゃく)」という立ち飲み居酒屋があるんです。メニューが100円と200円均一の割安な店なんですが、週末は外国人も多いですよ。

部長 京都は大学の街で留学生も多い。その人脈、情報のつながりで、思わぬ店が外国人で混雑している、なんてこともあるな。

京子 外国人向けに体験プログラムを販売するワックジャパンでは、京都の一般家庭を訪問して巻きずしと天ぷらを一緒に作る料理教室の申し込みが増えています。イギリス人夫婦は「母国ではカリフォルニアロールくらいしか見ないので新鮮」と話していましたよ。ベジタリアンに対応したメニューも用意しています。

部長 富裕層の外国人客に京都を案内するプラスアルファジャパンのニモ・グラスマンさんによると、料理人と一緒に錦市場などに出かけて食材や酒を選ぶツアーが人気だそうだ。料理人がどういう生活をしているのかに興味があるんだろうな。

京子 「体験・交流」はキーワードになっている気がしますね。京都市内では相部屋に1泊2000円~3000円で泊まれるゲストハウスもかなり増えました。日本人の普段の暮らしを知りたい外国人にとっては、宿泊客同士で気軽に話せるのが魅力に映るようです。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL