録画機能活用でストレスなしにテレビを節電効果的な節電、やらなくてもいい節電(3)

少ないストレスで、しっかり節電し、この夏を乗り切る方法を紹介する本連載。3回目は家庭でのテレビの正しい節電の仕方について解説します。
ショップでは省エネタイプの薄型テレビへの買い替えが盛ん

まずは以下の事項について考えてみてください。正しいのはどれでしょうか?

Q1 テレビの節電に一番有効なのは、コンセントを抜くことである

Q2 テレビの画面の明るさや音量は、消費電力とはほとんど関係がない

Q3 テレビの前から離れると、自動的に消費電力が半分になる機能を備えた商品がある

(※答えは記事の最後に)

リビングでの節電で注目したいのが、テレビやレコーダーなどの録画機です。これらAV機器は使用していないときでも「待機電力」がかかっています。待機電力とは、テレビならリモコンのボタンを入れるとすぐに番組を表示したり、レコーダーがスイッチを押したらすぐ操作できるようにしたりするなど、ストレス無く使えるように電力を使ってスタンバイしている状態で消費している電力です。

ビックカメラ有楽町店の薄型テレビ売り場には省エネを説明するポップが充実していた

日本エネルギー経済研究所が2011年4月に発表した「夏期における家庭の節電対策と消費電力抑制効果について」によると、テレビ・ビデオ機器の節電方法として「コンセントを抜いて待機電力を削減すると、東京電力管内で38万kWの節電」ができる、という試算が載っています。テレビや新聞などの節電記事でも同様の表記を目にします。

しかし、本当にAV機器はコンセントから抜いてしまわないと節電ができないのでしょうか? 実はAV機器の待機電力は、ここ3~5年で大幅に削減されています。

例えばソニーの液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)KDL-46HX820」は46インチの大画面モデルですが、待機電力は0.15Wしかありません。「BRAVIAの本体にある主電源スイッチを切れば、コンセントを抜かなくても待機電力を限りなくゼロにできます。最近の製品はわかりやすい場所に主電源スイッチを配置するなどデザインでも工夫しています」(ソニー広報)とのこと。

注目記事
今こそ始める学び特集