行楽時の日差しは紫外線対策だけではNG、帽子や日傘で赤外線対策を日経ヘルス編集長 藤井省吾の「健康時評」

肌の老化を防止するには、日傘や帽子で赤外線を防ぐことも大切

肌の老化を進める因子として、紫外線の影響が大きいことがわかってからすでに20年以上が経つ。紫外線が単なる赤くて痛い日焼け(サンバーン)を作るのみならず、長期的に無防備に紫外線に当たり続けると光老化という現象によりシワやシミが増えることが、今では広く知られるようになった。

男女を問わず、旅行や行楽、ゴルフなどのときには、日焼け止め(サンスクリーン)で、紫外線対策をする人が増えた。SPF50+、PA+++などの表示で紫外線の幅広い波長を大幅にカットする日焼け止めなら肌の守りは万全と、考えれてきた。ところが、新たに「赤外線」や「大気の汚染」も肌の老化を促進することがわかってきた。

若い肌を徹底的に守るためには、さらなる工夫が必要だ。

日差しの暖かさ=赤外線が、肌の老化を促進

肌の老化を進めるとわかってきたのは、太陽光線が含む、赤外線A波という波長。赤外線の中では、比較的波長が短いもので、医療機器などが出す遠赤外線とは別。

肌に対する光の影響に詳しい神戸大学医学部の市橋正光名誉教授によると、太陽光が当たって、肌に熱感があれば、この赤外線が当たっている証拠。「皮膚に当たると活性酸素を発生させて、真皮の弾力を保つ線維組織のコラーゲンやエラスチンを切断する酵素の活性を高める。実際に赤外線A波の照射でコラーゲンなどが減少することも明らかになっている」と市橋名誉教授はいう。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント