子どもを守る 「いじめ」見抜く方法

いじめの報道に接するたびに心を痛める。子どもたちを傷つけないために、親が何をできるのだろう。自分たちの問題として考えたい。わが子が発しているサインを見逃さないためのチェックポイントも紹介する。

「親友にだけは本音が言えない」。最近の子どもたちがよく言う言葉として児童心理司の山脇由貴子さんが著書『震える学校』(ポプラ社)の中で触れている。親友だからこそ本音が言えるのではないか。山脇さんにその点を尋ねると、「そもそも親友の意味が違うのです」と説明してくれた。

「彼らにとっての親友とは表面的に一番仲のいい子、一緒にいる時間が一番長い子です。本音を言ったら嫌われるかもしれない、いじめられちゃうかもしれないと思っているのです」

友達関係に「信頼」がない。では子どもたちが信頼に基づいた本当の意味での親友を持てれば、いじめをめぐる環境も変わるのだろうか。だが山脇さんは懐疑的な見方をしている。

ネットが変えた交友関係

「そもそも携帯電話がある限り、そういう信頼関係ができないのではないかと考えているのです。メールが来たらすぐ返す。LINEで取り残されないようにする。そうしないと明日から友達がいなくなってしまうという不安の中で生きている」

誰にでもなれるネットの中で、ひょっとしたら“友達”が自分の悪口を言っているかもしれない。見えないところで自分を傷付ける何かが進んでいるかもしれない。子どもたちにとって、この不安はとてつもなく大きい。だからいまどきの子どもは自分の名前を入力してネットで検索したりするのだ。自分に関する何かが書かれているのではないかと。

では携帯電話を持たなければいいのではないか。

「今度は持っていないことでいじめられます。持っているのがスマホじゃないということで中学生がいじめられたケースもあります」(山脇さん)

際限のない話なのだ。これくらい子どもたちとネットは切り離せない関係になっており、いじめには必ずネットが絡む。ケータイやスマホばかりいじっていた子どもが急に触らなくなったのなら、背景にいじめがあると考えてもいいのである。

注目記事
次のページ
いじめは全員が加害者
今こそ始める学び特集