MONO TRENDY

デジモノNAVI

3度目の正直で「普通のOS」に Win8.1アップデート

2014/6/4

日経PC21

2014年4月、Windows(ウィンドウズ)8の最新バージョン「8.1アップデート」がリリースされた。タブレット操作を重視するあまり、「使いにくいOS」となったウィンドウズの操作性を、「7」以前のユーザーでも使えるように改良を加えたものだ。ウィンドウズ8を初めて使う人でもわかるように、8.1アップデートの改良点を見ていこう。

ウィンドウズ8が登場したのは2012年10月のこと。全画面のアプリ一覧「スタート画面」や、タッチ操作に最適化された新しいアプリ群「ストアアプリ」など、タッチパネル搭載機の使いやすさを高める機能を多数盛り込んだ。ただしその半面、タッチパネルを搭載していない従来型パソコンへの配慮が足らなかったことは事実であり、8に不満を持つユーザーは多かった。

こうしたユーザーの声を受け、マイクロソフトは1年後の2013年10月に「8.1」をリリース。そして2014年4月に、改良版の「8.1アップデート」を世に送り出した(図1)。

図1 最新のウィンドウズ8.1アップデートはタッチパネル非搭載のパソコンを大きく意識した改良が盛りだくさん。スタート画面でも右クリックメニューが使えるほか、ストアアプリもタスクバーで切り替えられるようになった。スタート画面にはシャットダウンや検索などのボタンを備えた

タブレット一辺倒の姿勢を改め、従来のデスクトップでの操作を重視して改良を加えたものだ。「7」以前のユーザーも、何とか使えるOSに仕上がった。8.1からの主な改良点を見ていこう(図2)。

図2 スタート画面のボタンでシャットダウンや検索ができるので、7からの移行者が戸惑わない。タスクバーやタイトルバーでストアアプリの切り替えや終了ができる点もマウス派に朗報だ。8.1アップデートのポイントは、タッチパネル非搭載のパソコンでも使いやすいということ。すなわち7ユーザーが迷わずに使えるということだ

8.1の登場は8の発売から1年後。そこから半年で8.1アップデートと、今までにないテンポで新バージョンがリリースされたのは、「ラピッドリリース」という戦略に基づく。ユーザーの反応や市場のトレンドに合わせ、迅速に新機能を投入していくという開発方針で、今後も新バージョンが短いサイクルで登場してくるはずだ。

■起動後はデスクトップ画面に直行

8/8.1から8.1アップデートへの更新は無料。8.1からはウィンドウズアップデートで、8からはウィンドウズストアで更新する(図3)。

[左]図3 8.1を8.1アップデートに更新するときはウィンドウズアップデートを利用する。コントロールパネルの「Windows Update」で「更新プログラムの確認」を押し、「Windows 8.1 Update(KB2919355)」を含むすべてを適用する。なお、5月以降のセキュリティ更新プログラムでは8.1アップデートが必須となる。8から更新するときは、ウィンドウズアップデートで8を最新版にした後、ストアアプリの「ストア」を利用する。8.1を飛び越して直接8.1アップデートになる [右上]図4 タブレットでない通常のパソコンでは、サインイン(ログオン)後に直接デスクトップが開く。タブレットではスタート画面が開く [右下]図5 タスクバーを右クリックして「プロパティ」を選び「ナビゲーション」タブを開くと、「サインイン時に…」にチェックが入っている。オフにすると、起動後にスタート画面が開く

後者ではアカウントの再設定などが必要になるが、前者は通常のウィンドウズアップデートと同じ作業なので、特に悩む場面はない。このアップデートは32ビット版と64ビット版はもちろん、ARM(アーム系)CPUに対応する「Windows RT」なども含めてすべてのエディションに提供される。更新手順も同じだ。

更新終了後、再起動してサインインすると、タブレットでない従来型のパソコンではデスクトップに直行する(図4)。これは8.1アップデートの大きな変更点の1つだ。

従来型パソコンではデスクトップ作業が中心になるだろうから、そうした利用者のニーズに合わせた改良である。ちなみにこの設定はタスクバーのプロパティから変更できる(図5)。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL