広がる3Dプリンター、「誰でもメーカー」時代到来

自分がデザインしたオリジナルの小物や部品を手軽に造形できる、「3Dプリンター」がにわかに注目を集めている。3Dプリンターは従来、さまざまな産業分野で使われてきたが、昨今の低価格化を契機に個人にも急速に広がっている。「誰でもメーカー」を実現する3Dプリンターの最新動向を追った。
図1 3Dプリンターで出力したアイテムの一例

自分でデザインしたグッズやパーツの3D(3次元)データを形にできる3Dプリンターの販売台数が急速に伸びている(図1)。

調査会社の米ウォーラーズ・アソシエイツによれば、2000年に世界で約1300台だったのに対し、2011年には3万台を突破。特に2007年に比較的買いやすい価格の個人向け3Dプリンターが売り出されると市場が急拡大し、2011年には前年比389%の販売台数を記録した(図2)。

図2 3Dプリンターの販売台数は世界で3万台を突破

3Dプリンターの先行企業である米3Dシステムズの日本法人は、「3Dプリンターは、日本円で十数万から1億円までさまざまな製品がある」(小林広美ディレクター)と話す。パーソナル機はハードウエアのオープンソース化によって低価格化が進行。3Dシステムズは2012年4月、小型で格安の「Cube」(1399ドル、日本未発売)を投入し、人気を集めている(図3)。

製品の試作や少量部品生産が出発点

図3  CUBEのフロア内。パーソナル機からプロフェッショナル機まで、複数の3Dプリンターを展示。体験デモも行う

もともと3Dプリンターは、1980年代末から製品のプロトタイプ(試作)や少量の部品を自社で作れる利便性が受けて広まってきた機器。今日では設計、製造、医療、教育などさまざまな分野で導入されている。

米ストラタシスの製品を国内販売する丸紅情報システムズによれば、性能は「100万円クラスの機種でも上位機と仕上がりに遜色がない」ほど向上し、SOHOやデザイン事務所などにも市場を広げつつある。

MONO TRENDY連載記事一覧