冷静な女性上司の素顔は…篠原ともえさんも声優挑戦女子による女子のための映画・DVDガイド

日経ウーマンオンライン

仕事は一流なのに、プライベートでは片付けが苦手だったり、方向音痴だったり、スイーツ依存症だったりする、共感できる女性が主人公の海外ドラマ「クローザー」。そのスピンオフ(兄弟番組)である「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」が誕生しました。

最新クライム・サスペンス。篠原ともえさんも声優参加

「クローザー」は、ひと癖もふた癖もある男性部下たちをまとめる女性のチーフ・ブレンダ(キーラ・セジウィック)の活躍を描いていましたが、「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」では、かつてブレンダの天敵とも言える存在だったシャロン・レイダー警部(メアリー・マクドネル)を主人公にしています。2人の女性上司を比較しつつ、「どっちの部下だったらいいかな」とか「自分ならこんな上司になりたい」など、働き女子が参考にしながら楽しめる作品です。

「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」のDVDリリースに当たって、日本語吹き替え版に、音楽や演技、ナレーション、衣装デザインなど、さまざまな分野で活躍する篠原ともえさんが声優として参加。作品紹介の後に、篠原さんにもいろいろとお話を伺いました。

「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課」<ファースト・シーズン> 2012年/アメリカ/メアリー・マクドネル、G・W・ベイリー ほか ワーナー・ホーム・ビデオ/DVDコレクターズ・ボックス/9400円+税/発売中 (C) 2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ロス市警重大犯罪課(Major Crimes Division)のチーフ・ブレンダがチームを去り、彼女の代わりにシャロン・レイダー警部が赴任します。ブレンダは容疑者を自白させ、事件を解決する達人でしたが、規則を重んじ、合理的に有罪を勝ち取ることを一番に考えるシャロンは、司法取引によって早期の事件解決を目指します。