その名は「甲州」 世界に飛躍する日本産ワイン

カベルネ・ソーヴィニヨンでもメルローでもない、日本独自のブドウによるワイン造りが世界で脚光を浴び始めた。その名は「Koshu(甲州)」。2010年に欧州連合(EU)でブドウの品種として登録され、日本料理とマッチするその味わいの評価が高まっているためだ。世界に通用するワインを目指して努力を続けてきた甲州の生産者や、後押しする日本料理店関係者らの長年の奮闘が、今ようやく実を結びつつある。

中央葡萄酒は、山梨県北杜市明野にある自社農場でワインに使うブドウを栽培している

東京・新宿駅から特急で約2時間。のどかな山あいにはブドウ畑が広がっている。「甲州」の故郷、山梨県甲州市勝沼町から「グレイスワイン」ブランドを送り出している中央葡萄酒(山梨県甲州市、三沢茂計社長)の畑。そのブドウがワインとなり英国やフランスなど本場に本格的に輸出されるようになったのは、ほんの2年前のことだ。

世界で勝ち抜くワインを

きっかけは00年ごろに読んだ新聞記事だった。「日本のワインは世界一のワイン情報発信地、ロンドンで認められなければ、生き残れない」という先達の言葉が記されていた。「それまでは海外の有名レストランのワインリストに入れてもらうだけで満足していたが、世界で勝ち抜けるワインを造りたいと初めて思った」(三沢茂計社長)

当時も生産していたのは「甲州」を使ったワインだが、本場の欧州で販売するには大きな壁があった。EUでワインのラベルに表示できるブドウ品種は、フランス・パリの国際ブドウ・ワイン機構(OIV)が認めたものだけ。「甲州」は登録されていなかった。そのため「日本独自のブドウであることをアピールできず、味わいも正当に評価してもらいにくかった」(三沢社長)。

そこで山梨県にも協力をあおぎ「甲州」を登録品種にするよう、09年からOIVにアピールを開始。同時に欧州各国で売り込みイベントを展開し、「甲州」=日本産ワインというイメージを定着させる努力を続けてきた。かいあって、同社は現地の輸入業者に認められ、10年に欧州への輸出を本格的に開始。取引先は着実に増えており、今後は中国やオーストラリア、シンガポールへの輸出拡大も狙う。