体の中の「生ゴミ」再生システムで たんぱく質をリサイクル働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

突然ですが問題です。人間の体は何で作られているでしょうか? 一番量が多い成分は水ですが、体の構造や機能を支えているのは、たんぱく質。体を作る最も主要な素材です。大事なものは大切に扱う。だから体は、たんぱく質をリサイクルして大切に使っています。

食べ物から摂取したたんぱく質は、体内に取り込まれて体を作る材料になる。だから毎日きちんと食べましょう──というお話は、皆さんよくご存じだと思う。これはもちろんその通り。ただ、実は私たちの体内には、食事からの摂取を上回る“材料供給源”があるという。それが「オートファジー」だ。

「オートファジーは今とてもホットな研究分野。医学や生物学の教科書が書き換えられつつあるのです」と話す、東京大学大学院医学系研究科教授の水島昇さんのガイドで、早速始めよう。

細胞内で生じる“ゴミ”を分解して再利用

 

人体は約60兆個の細胞でできている。「細胞」というとたいていの人は、どこかで目にした顕微鏡画像を思い浮かべるだろう。その画像ではきっと、中が透けて見えているはずだ。そして“透明”というイメージから、多くの人が、細胞の中はさらさらの水分で満たされているような印象を抱いていると思う。

でも実は、細胞の内部はドロドロ。肉をフードプロセッサーにかけるとドロドロになるが、あんな感じなのだという。

「たんぱく質の分子が高濃度で溶けているのです。細胞の内部は、どこもかしこもたんぱく質といってもいいぐらい」

たんぱく質は、20種類のアミノ酸が数十から、ときには数千個もつながってできる分子の総称。つながるアミノ酸の順番によって、たんぱく質の種類が決まる。人間の体内には2万種以上のたんぱく質があり、それぞれが違う働きをしている。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント