骨盤の傾きを正して美しい姿勢を手に入れるゆがみリセット学(1)竹井仁

体の凝りや痛みは、体のゆがみに気づくための注意信号。理学療法士・医学博士であり、筋膜研究の第一人者、竹井仁さんが体とのつきあい方を基礎からレクチャーする新連載が始まります。1回目は、今の自分の体を知るうえで、一番の手がかりとなる「姿勢」がテーマ。骨盤が前・後ろどちらに傾いているかを調べて、二つの体操を実践すれば、きれいな姿勢の心地良さを発見できます。

私が理学療法士の資格を取得したのは24年前。理学療法士とは、ケガや病気などで体に障害のある人や障害が予測される人に対して、歩く・座る・立つなどの動作の回復や維持を図る、医学的リハビリテーションの専門職のことです。当時、東京都が新設した都立府中リハビリテーション専門学校(首都大学東京 健康福祉学部理学療法学科の前身)には、30倍もの高倍率をクリアした個性派ぞろいの面々が集まり、「新しい分野を学びたい」という意欲に満ちていたことを覚えています。

卒業後、母校で助手を務めながら東邦大学医学部の解剖学教室に通うなどして足かけ13年で医学博士号を取得しました。現在は理学療法士のタマゴたちに理論や手技を教えるほか、整形外科で患者さんの指導にも当たっています。理学療法はもちろん、解剖学教室で神経や筋線維をつぶさに観察したことなど、過去の経験が現在に生かされていると感じます。

 

今回のお話に入る前に、まずみなさんに提案したいのは、「体をもっと自分のものとして見つめてほしい」ということです。凝りや痛みがあるとき、まず最初に「マッサージに行こう!」と思ってしまう人へのメッセージだと受けとってください。

例えば、凝りは筋肉がぐっと収縮した状態のことをいいます。試しに、両手の指を組んでぐーっと力をこめてみて。この力をこめた状態が「収縮」、逆に指の力を抜いた状態が「弛緩」です。偏った姿勢で収縮がずっと続くと、筋肉の中を走る血管が圧迫されます。血管を流れる血液は酸素を運んでいますが、圧迫によって血流が邪魔されて酸素不足が続くと、いざ緩めようとしても、ぐっとくっつきあった筋線維ががちがちで離れない。このような凝りにどう対処するといいのでしょうか。

温める、さする、もむ……全て正解です。しかし、それは単に、外側から物理的な刺激を与える対症療法。本当の意味で筋肉をふっと緩めるには、筋肉自身のポンプ作用を復活させないといけない。筋肉は、自力で動かして初めて、筋肉内に通っている血管弁が閉じたり開いたりして、血の巡りが復活し、しなやかさを取り戻すことができるのです。

痛みや凝りがあったら、なぜそうなってしまったのか、日頃のどんな姿勢や動作が問題だったか、までさかのぼってみましょう。今この瞬間、あなたの肩甲骨は開いているか、閉じているか。肩は上がっているか、下がっているか。すごーく考えたり、鏡に映して確認しないとわからない、という人は、体の感度が下がってしまっています。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント