N
ヘルスUP
フィットネス

2012/1/15

フィットネス

疲れがとれやすくなりリラックスや安眠効果も

仕事などでじっとしているときも、姿勢を維持するために筋肉は収縮している。筋肉の周囲には、乳酸などの疲労物質や発痛物質がたまり、疲れや凝りの原因になる。こんな“じっと固まった疲れ”をとるのに、ストレッチはうってつけだ。疲労や発痛物質を流すのは静脈の役割だが、静脈には流れを作る弁があり、筋肉がよく動くとこの弁の働きで、心臓へと戻る血行の流れが生じる。それにより、滞った物質が流れ去っていく。

また、ストレッチで胸周囲の筋肉をほぐすと、呼吸が深くなり、リラックスや安眠につながる効果もある。

ストレッチを続けると「筋トレ」にもなる

高齢者を対象にした運動サークルを指導する実践女子大学の山田茂教授は、「ある女性が腹痛で通院した。調べると数日前の運動での筋肉痛と診断された」と話す。長年の運動不足で筋肉痛の感覚を忘れていたという笑い話だが、そんなあなたも最近、筋肉痛になるほど動いた?

ストレッチは運動として物足りなさそう、と思う人もいるかもしれない。だが、動物から採取した筋肉を伸び縮みさせ続ける実験で、「筋細胞の成長は確認されている」(山田教授)という。つまりストレッチは、柔らかい体をつくると同時に、筋トレの役目にもなるのだ。

運動不足の現代女性が、急にキツイ運動を始めても、体に負担がかかり、長く続けられない。だから、筋トレにもなるストレッチが向く。よく伸ばして、一生太らない体を手に入れよう。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント