働き盛りを襲うがん、年代別対策が決め手日経ヘルス・フォーメン

もし40代、50代でがんを発症したとしたら……。仕事と治療を両立し、治療効果を高めるためには早期発見が大事。技術の進歩は、新たながん検診を提供し始めている。

50歳代から増える男性のがん

(データ:国立がん研究センターがん対策情報センター)

現在では、日本人の死因の第1位はがんである。がんにかかる割合(罹患=りかん=率)は年齢とともに上昇するため、高齢者の病気というイメージを持つ人が多いが、40代、50代の働き盛りで発症するケースも少なくない。国立がん研究センターがん対策情報センターでは、がんに関するさまざまな統計データを公開している。男性の年齢別のがん罹患率を示したグラフ(右)を見ると、がんと診断される人は45歳から急に増え始め、50歳から70歳にかけて上昇し続ける。

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターの森山紀之センター長は「女性の場合、子宮頸がん、乳がんなど若いうちに発症するがんがあるため、20代から40代までは女性の罹患率の方が高いが、40代後半で男性の罹患率の方が上がり、男性の方ががんにかかりやすい傾向は生涯続く」と話す。その結果、生涯でがんにかかる率が女性が41%なのに対して男性は54%。男性は女性よりがんリスクが高いのだ。

理由としては、男性の方が喫煙率や飲酒量が多いこと、仕事などによるストレスを受けやすいこと、閉経前の女性は性ホルモンの働きで内臓脂肪の蓄積が少ないことなどが関与していると考えられる。

早期発見で治るがんも増加

男性は、どのようながんにかかりやすいのか。2009年に死亡率が多かった部位は肺、胃、肝臓、結腸、すい臓の順になる(下右)。結腸と直腸を合わせて大腸とすると、大腸がんは第3位となる。気になるのは、すい臓がんが増えていることだ。森山センター長は「日本人も欧米のような脂肪の多い食事が増えたことと関連する可能性もあるが、それより診断技術が進歩したことで、すい臓がんが発見される例が増えた」と話す。

気になるのは、これらのがんの治療技術が、どれくらい進歩しているかだ。注目したいのは、年齢調整死亡率の推移データ(下左)である。がんは年齢が高まるほど罹患率が高まるため、社会の高齢化とともに死亡率も高まる。そこで平均寿命の影響を調整して同じ条件で死亡率を比べるために算出されるのが年齢調整死亡率だ。

(データ:国立がん研究センターがん対策情報センター)
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント