月の貯蓄を2万円増やす 生活習慣見直し術

生活に隠れたムダを省くことが、貯まる第一歩。今の暮らし方をほんの少し見直すだけで、貯まるようになるんです! 今日から始めたい「貯まる習慣」を紹介します。

毎月の貯蓄額を2万円増やすなら、見直したいのが食費。ランチ代、飲み会代、デザート代…実は働く女性にとって、平日の出費の多くを占めているのが「食事」なのだ。

時間を上手に使えると節約も上達する

「『できることは自分でやる』のが節約の基本。そのための時間を作り出せるかどうかも、重要なポイント」と、FPで節約アドバイザーの丸山晴美さん。例えば、週に一度はお弁当を作るために15分早起きしてみる。日曜におかずを作っておき、平日はそれを使って自炊する――。時間の使い方を少し変えるだけで、お金は貯まるようになる。

携帯電話代や美容費なども、工夫次第で出費を抑えることが可能。「携帯電話でネットサーフィンをしない」「化粧品は最後まで使い切る」などは、実際に貯め上手な読者が実践しているワザ。ぜひ取り入れてみて。

△ 外食代
△ カフェ代
△ タクシー代
△ 美容費
△ 酒・たばこ代
見直すべきは“消えもの”出費
「飲む、乗る、吸う…。お金はかかるけれどモノとしては残らない“消えもの”にこそ、ムダが隠れている場合が多い」(丸山さん)。月の貯蓄を2万円増やすなら、まずはそれぞれの“消えもの”に毎月いくらかけているか、計算してみることから始めよう。

~食生活を見直すだけで月2万円貯まる~

月~日曜の「1週間プログラム」を続ければ、月2万円の貯蓄も夢じゃない。

【月曜】 コンビニ朝食をやめて、家で食べる

朝ギリギリに起きて、朝食はコンビニで買い、会社の机で食べる…。そんなゆとりのない生活はお財布にも心にも悪影響。1日のスタートを快調に切るためにも、週に1~2度は15分ほど早起きし、自宅で簡単な朝食を。コンビニ朝食を週に2回減らせば、1カ月では3200円の節約に。

週に2回、家で朝食を食べた場合
{コンビニ朝食(500円)-自宅の朝食(100円)}×月8回=月に 3200円 の節約

【火曜】 会社にマイタンブラーを持参

仕事に疲れたらコーヒーやお茶を買いに行ってひと休み…。その飲み物代、1日100円でも1カ月続けると、計2000~3000円の出費に。自宅で作ったお茶やコーヒーを、マイタンブラーで持参するのがおすすめだ。カフェ通いを週に2回減らしただけで、月に2800円を節約できる。

カフェ通いを週2回減らした場合
コーヒー1杯(350円)×月8回=月に 2800円 の節約

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし