【女性活用度】数値目標を掲げ取り組み推進女性自らも活性化に奔走

女性活用度部門では、女性社員活用のための専任組織の有無や、女性社員向けの研修などを積極的に実施しているかをみている。今回の調査では全回答企業のうち40.1%に女性社員活用のための専任組織があり、昨年の36.4%と比べてアップしている。また全体の97.4%が「女性活用によって業績向上につながる」と答え、女性活用の必要性を強く認識。さらに女性活用度上位10社では、すべてのトップが女性活用に力を注ぐことを明言。

上位すべての企業で女性にフォーカスした研修を実施。そのうち8社では女性管理職比率や役員比率の向上に関する数値目標を掲げ、様々な施策を実践している。

Check 1 上位10社すべてに女性にフォーカスした研修や支援制度あり
Check 2 上位10社でトップが女性活用を明言
Check 3 10社中8社が管理職比率の向上など数値目標を持つ