自分に合うルートは? 富士登山4ルートの○と×日経おとなのOFF

富士山には大きく4つの登山ルートがある。いよいよ2011年の富士山登山シーズンも大詰め。まだ登山プランを固めていない人は、それぞれの特徴を理解して、自分の体力と技術に合ったルートを選ぼう。

富士山の登山口は、山梨県側に吉田口、静岡県側に富士宮口、御殿場口、須走口の4カ所がある。登山道には、基本的に登りと下りの専用道が設けられているが、富士宮ルートだけは往路と復路が同じになっている。ルートによって、道の険しさや小屋の数、山頂までの高低差などが異なるので、「とにかく初登頂したい」のか「ご来光を拝みたい」のかという目的と自分の登山経験を考慮した上で、合理的なルートを選びたい。

黄色いルートが吉田口登山道 赤は須走口登山道、緑が御殿場口登山道、青が富士宮口登山道

登山口へのアクセスはどのルートも五合目まで車道が整備されていて、マイカーやバスで行くことができる。だが、富士登山のシーズンは、7月1日から8月31日まで。このわずか2カ月の間に、毎年30万人前後の登山者が山頂を目指す。特に、天候が安定する梅雨明け直後や週末、そして最後のピークとなるお盆は、吉田や富士宮などの人気ルートの駐車場が満車になり、車を止めることもできない場合がある。スムーズに登るには、この時期を外すことが前提となるが、須走、御殿場ルートなら、比較的落ち着いて歩くことができる。

注目記事
今こそ始める学び特集