激しい生存競争 米コメディー番組は女性モノが強い海外ドラマはやめられない!~今 祥枝

アメリカのお家芸とも言うべき30分のコメディー。毎シーズン多くの新番組が誕生しますが、各局が目玉とするシリーズが生き残るのは得てして難しく、意外な伏兵の健闘が多いジャンルです。

オスカー俳優ロビン・ウィリアムズ主演の『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』(CBS)、『マイケル・J・フォックス・ショウ』(NBC)など、ビッグネームを冠した新作はキャンセルに。一方で、更新が決まったシリーズには、1980年代を舞台にした古き良き時代を懐かしむ系の『The Goldbergs』(ABC)、同名映画のリメイク『About a Boy』(NBC)ほか、万人受けするノリのコメディーが目立ちます。

今期、とりわけコメディーに力を入れていたのは、『CSI』や『NCIS』シリーズ、『クリミナル・マインド』などのヒット番組を擁するCBSです。CBSといえばクライム・サスペンスのイメージが強いですが、『ビッグバン★セオリー』や『ハーパー★ボーイズ』、近年は『NYボンビー・ガール』といったヒット作を着実に生み出すことに成功しています。

CBSはドラマでは手堅く王道感のある作りをモットーとしており、コメディーもしかり。今期の新作では、ボー・ブリッジスとマーゴ・マーティンデイルの芸達者が演じる夫婦が、熟年離婚に直面する家族のドタバタを描いた『The Millers』と、シングルマザーの奮闘を描いた『Mom』の2本が、来期も継続されることになりました。

『Mom』。ウェートレスをしながら2人の子供を育てるシングルマザー、クリスティの奮闘を描く。ラフトラック(観客の笑い声)が入るシットコム。製作陣がほれこんだという、主演のアンナ・ファリスの明るく元気いっぱいのキャラクターが魅力的だ。共演は、『ザ・ホワイトハウス』のアリソン・ジャネイ、セイディ・カルバーノほか。『ハーパー★ボーイズ』のチャック・ロリーが脚本と製作総指揮を手がける。CBSでシーズン2は2014年秋放送予定 (C)Everett Collection/アフロ

男性主役のコメディーは苦戦

注目したいのは、映画『最終絶叫計画』のアンナ・ファリスふんするバツイチのクリスティが、ウエートレスをしながら10代の娘と小学生の息子を育てる『Mom』です。

クリスティは、学歴もお金もなく、男運もないシングルマザー。時々訪れる元夫は大きな子供のようだし、現在付き合っている彼は既婚者。さらに娘は反抗期と、問題は山積み。最大の難関は自分の母親ボニーの存在です。男好きで無責任な母親の影響で、自身もアルコール依存症に陥ります。そこから何とか立ち直り、母親のようにはならないよう奮闘しますが、ボニーは悪気もなくクリスティの家庭に入り込んできます。明るくチャーミングな主人公と、演技派アリソン・ジャネイふんする憎めない母親、そして生意気盛りの10代の娘とのやりとりは、軽く見えてドキリとさせられるものもあります。

エンタメ!連載記事一覧