N
アート&レビュー
カルチャー

男の理不尽さにずっと耐えてきた…女の気持ち代弁映画女子による女子のための映画・DVDガイド

2014/3/15

カルチャー

自分と付き合っているのに、元カノを引きずっていたり、優柔不断だったりする男に悩まされることはありませんか。今回、紹介する映画「グロリアの青春」は、結婚、子育て、離婚、そして更年期も乗り越えた、女性として大先輩ともいえるヒロインが、男にイラッとさせられがちな私たちの気持ちを代弁してくれる、大人女子必見ムービーです。

「グロリアの青春」。2014年3月1日よりヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町にて全国順次公開。配給:トランスフォーマー (C) 2013 Fabula-Muchas Gracias 公式サイト:http://gloria-movie.com/

10年前に離婚を経験した58歳のグロリア(パウリーナ・ガルシア)は、チリの首都サンティアゴで独身生活を謳歌しています。息子と娘は立派に成長して独立。グロリア自身も職場で責任ある仕事に就き、ヨガ教室やさまざまなサークルに参加したり、夜には中年のシングルたちが集まるダンスホールに通ったりする、充実した毎日を送っています。

サークルで楽しく過ごすグロリア

ある晩、グロリアはダンスホールで年配のロドルフォ(セルヒオ・エルナンデス)に誘われて意気投合。彼と一夜を共にします。グロリアは、いつもの「遊び」と割り切っていましたが、数日後、ロドルフォから昼間のデートに誘われ、正式な交際を申し込まれます。

元海軍将校のロドルフォは、ビジネスマンとして成功しており、グロリアにとっては理想的なパートナーでしたが、1つ不満がありました。彼女と同じく離婚歴のあるロドルフォは、元妻や娘たちから度々呼び出され、その都度グロリアはデートを中断されるのです。

出会った相手とダンスを楽しむ
グロリアはロドルフォとカップルになってデートする

グロリアは、ロドルフォが家族に、自分という交際相手がいると言わないことや、家族ばかりを優先することにだんだんと我慢ができなくなり、ある行動に出ることに……。

ロドルフォはとにかく優柔不断で、信じられないような態度でグロリアをイラつかせては、謝って許しを請うという繰り返し。男のこういうダメな部分は、年齢とは関係ないと痛感させられます(苦笑)。

本作はベルリン国際映画祭の話題を独占し、銀熊賞と主演女優賞に輝きました。チリのベテラン女優パウリーナ・ガルシアは、ヌードや大胆なベッドシーンも辞さず、魅力的な主人公グロリアをパワフルかつ繊細に演じています。そのパウリーナが、本作のプロモーションで来日。優柔不断なダメ男の態度をどう思うかなど、女子トーク的な質問に快く応じてくれました。

デート中でも元妻や娘からの携帯に出ては世話を焼きたがるロドルフォ
注目記事
次のページ
チリの名女優、パウリーナ・ガルシアに女子トーク的イ