エンタメ!

エンタウオッチング

総合1位は綾瀬はるか… タレントパワーランキング 日経エンタテインメント!

2013/5/2

エンタテインメント界で、「知名度」と「関心度」が高いのは誰か。そして人気を急上昇させている新時代のスターは? 「日経エンタテインメント!6月号」では、2008年から年1回発表している「タレントパワーランキング」の最新結果を掲載している。株式会社アーキテクトが実施しているタレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」調査を基に2つのデータを掛けあわせて、「タレントパワースコア」を算出、ランキング化。俳優、タレント、ミュージシャン、お笑い、スポーツ選手など1251組を対象に調査を行った。2013年のランキングは前回同様“直近の人気力”を明確にするため、今年2月の調査を基にしている。右の表が今の人気者TOP10だ。

初めて総合1位に輝いたのは綾瀬はるか。1月から大河ドラマ『八重の桜』で新島襄の妻となる八重を熱演している。視聴者の評判も高く、初回の視聴率は21.4%を記録。映画で2012年に『映画ホタルノヒカリ』『映画ひみつのアッコちゃん』に主演。CM契約社数も7社と、認知層を増やして高スコアに。

総合1位となった綾瀬はるか。今年はNHK大河ドラマに出演中のほか、6月1日より主演映画『リアル』が公開となる

2位は。2012年10月に発売したアルバム『Popcorn』が90万枚以上(オリコン調べ・4月22日)を売り上げ、11月から2013年1月の5大ドームコンサート「ARASHILIVETOURPopcorn」(全16公演)で80 万人以上を動員した。

3位は、前回調査の6位から上昇した福山雅治。昨年は音楽中心に活動。年末に恒例の10日間連続ライブを行い、大みそかに『NHK紅白歌合戦』にも4年連続で出演。全国的な人気を維持している。1月期のドラマ『とんび』(TBS系)の主題歌『誕生日には真白な百合を』はオリコン週間チャートの1位に。09年の『化身』から7作連続の首位となった。

今回のトップ10の顔ぶれを見ると、8組は前回もトップ10圏内、残り2組も10位台と、人気者が変わらず安泰という結果。CMや映画など、来年以降に一般公開する仕事をオファーする上で、複数年にわたって継続した人気を見せることは、重要な安心材料になる。そこで、彼らの露出は今後も安定し続け、高い「知名度」と「関心度」をキープしそうだ。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL