2012/1/27

東京ふしぎ探検隊

正式な住所が「上町A」のナゾ

大阪市中央区にある上町Aの住所表示(今尾恵介さん提供)

全国で実施された住居表示法は、各地に奇妙な住所を生んだ。例えば大阪市中央区には「上町(うえまち)A」なる住所が存在する。なぜアルファベット? 中央区に尋ねたところ、わからないという。そこで大阪市に聞いてみた。

「もともと上町という町があったのですが、1979年(昭和54年)に別の場所に住所再編で上町1丁目ができました。1989年(平成元年)にもとからあった上町で、従来からの地番を新たな番地に振り直す住居表示法を実施する際、混同を避けるためにアルファベットを採用したのです」

担当者によれば、「上町1丁目1番1号」と「上町1番1号」をハイフンで表現すると、それぞれ「上町1-1-1」「上町1-1」となり、間違える可能性がある。そこで「上町A-1」とすればいいのではないか、となったという。現在Aのほか、BとCもあるらしい。

大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺の住所表示(今尾恵介さん提供)

大阪市中央区にはさらに奇妙な地名がある。番号でもアルファベットでもなく、漢字があてられているのだ。その名も「大阪市中央区久太郎町(きゅうたろうまち)4丁目渡辺3号」。場所は「坐摩(いかすり)神社」の境内だ。なぜこんな住所になったのか。

「実はここは『渡辺』という名字の発祥の地なんです」。地名の由来に詳しい今尾さんが教えてくれた。もともと大阪市東区渡辺町だったが、東区と南区が合併して中央区となるときに渡辺町の名は消滅すると決まった。しかし渡辺の名を残したいと考えた神社の宮司が「全国渡辺会」に支援を求め、全国の渡辺さんが大阪市への陳情を開始。特例措置として本来は数字が入る場所に「渡辺」を入れることで決着した。1988年(昭和63年)のことだ。

皇居に向かって右から「1丁目」

数々の問題を生んだ住居表示法だが、知っていると便利なルールもある。例えば「丁目」の並び方。東京では原則として、皇居に向かって右から1丁目、2丁目と並ぶ。皇居の南東にある銀座や日本橋では北東が1丁目だ。皇居の北にある本郷では、1丁目は西にある。各地で中心地が決められているので調べておくと便利だ。

「丁目」に続く「○番×号」の○と×は、いずれも時計回りに番号が増えていく。もちろんこれらは住居表示法が実施された場所のみで、神田など未実施地区には当てはまらない。

町名再編によって、○丁目などの数字が数多く生まれた。たとえば赤坂では「溜池町」「一ツ木町」などの名前がすべて赤坂1~9丁目となり、「逆にわかりにくくなった」との声も。タクシーに乗って運転手に住所を伝えても、わからないことがしばしば。札幌など碁盤の目のような都市だったらいいのだろうが……。

明治維新、関東大震災、東京オリンピック。「東京の住所は3度の激変期を経て形成された」と今尾さんは語る。痕跡を探しながら町を歩くのも面白い。(電子報道部 河尻定)