安定志向の草食世代、「空気を読む」のが重要事項働く女性の25年 世代別研究(4)

バブル経済真っ盛りの88年に創刊した日経WOMANは、2013年4月に25周年を迎えた。この四半世紀で、働く女性たちはどのように変化してきたのだろう。そして、今後どのような道を進んでいくのだろうか。「女性と仕事」をメインテーマとするジャーナリストで昭和女子大学特命教授の福沢恵子さんと、世代・トレンド評論家でマーケティングライターとして活躍する牛窪恵さんに話を聞いた。4回目の今回は「草食系」世代にフォーカスする。
(イラスト:miya)

周りの人たちとのバランスが何よりも大事

現在、20代後半の彼女たちは、草食系世代(身の程世代)。彼女たちが生きてきたのは、日本経済はずっと右肩下がりで、「年収300万円時代」「貸しはがし」など、重苦しい言葉が行き交う時代。団塊ジュニア世代が志向した「等身大」、デフレ世代の「そこそこ」から、さらにユルさを増した「フツー」をキーワードとする世代となった。

同世代の有名人
相武紗季(28歳)・綾瀬はるか(28歳)・上戸彩(27歳)・小倉優子(29歳)・香里奈(29歳)・満島ひかり(27歳)・宮崎あおい(27歳)

周りの人たちとのバランス、自分の立ち位置を気にするこの世代にとって、「空気を読む」ということが重要事項。「デフレ世代よりもさらに慎重に守りの姿勢に入っている彼女たちは、“フツー”を良いことだと思っている。それは『現状維持』がもはや贅沢な時代を生きているからなんです」と牛窪さん。

「ユルい」「さりげに」「とりあえず」などの言葉の流行からも読み取れるように、決して高望みはしない。個性や権利を主張することなく、空気を読んで立ち回れる「穏やかでいい子」が多い世代でもある。

次のページ
頑張ってキャリアアップ、転職を目指すという熱意は薄い