「目力メーク」はドライアイの原因に

目力アップに欠かせない、目のキワのアイメーク。実はこのアイメークの脂成分が、まぶたのふちにあるマイボーム腺の穴を塞ぎ、脂の分泌を妨げてドライアイを招く一因になっているという。

若い女性にも広がる「マイボーム腺機能不全(MGD)」

マイボーム腺とは、まぶたの上下にある、脂を出す器官のこと。涙は涙腺から出る水分と、このマイボーム腺から出る脂、白目から出るムチンというタンパク質の3つが混ざりあってできている。なかでも脂は涙の最表層を覆って水分の過剰な蒸発を抑えるなど、目の表面で涙を安定させるのに重要な役割を果たしている。

ところが、何らかの原因によってマイボーム腺が詰まった状態が続くと「マイボーム腺機能不全(MGD)」といって、正常に脂が分泌されなくなってしまう。すると、涙の表面を覆う脂の層が薄くなり、目の表面が凸凹になることによって物が見えづらくなるほか、水分の層が露出して急激に蒸発し、ドライアイ(目の表面が乾燥し、傷や障害が生じる病気)につながりやすくなる。女性にとって、このマイボーム腺の詰まりの最大の原因となるのがアイメークだと、南青山アイクリニック理事長・戸田郁子医師は言う。

目元を美しく見せるはずのアイメークが、ドライアイの原因に

「まつげの間をうめるアイラインや、目の際の粘膜のところまでアイメークをして、きちんと落とさないといったことが毎日続くと、マイボーム腺の穴が塞がれてMGDになります。以前はMGDは加齢によるものと思われてきましたが、“目力メーク”によって、最近では若い女性にも広がっていると考えられます」。

注目記事
次のページ
目のふちの洗浄(リッドハイジーン)と目を温める習慣