「クール・ジャパン」海外進出の現状はJエンタの逆襲(上)日経エンタテインメント!

アニメやマンガなど日本のエンターテインメントは、「クール・ジャパン(かっこいい日本)」と海外で評価されてきたが、ヨーロッパの経済危機や経産省「クール・ジャパン戦略推進事業」の事業仕分けによる抜本的改善など、海外進出を巡る状況は決して甘くない。官民一体でコンテンツ輸出を拡大し、産業界全体の躍進につなげている韓国などに押されているのは確かだ。日本は巻き返せるのか。「クール・ジャパン」の海外進出の現状を紹介する。

「クール・ジャパン」という言葉が誕生して10年目の今年、海外で話題になった日本のエンタ事業は世界地図をびっしりと埋めている(図1)。各地で行われているアニメ、ゲームフェスに加えて、グリーや吉本興業といった有力なエンタ企業も積極的に海外に展開。経済産業省はアジア市場の拡大をもくろんでシンガポールとインドに注力、海外進出する異業種同士をマッチングさせるなどサポートを強化していた。

図1 2012年 世界で話題のJエンタ&イベント ※ 今後開催のイベントは変更の可能性もある (C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会
クール・ジャパン事業の2012年度予算は当初9億1900万円だったが、事業仕分けにより抜本的改善を求められることに。これは大きな話題となり、雑誌、新聞、テレビなどで報道された。

ところが2012年6月の事業仕分けで経産省の「クール・ジャパン戦略推進事業」が抜本的な見直しを迫られることになった。「国がやるべき事業なのか」との批判に抗しきれなかった訳だが、背景には目覚ましい経済効果が得られていなかったという事情もある。

例えばフランスは、日本文化の博覧会としては最大規模の「Japan Expo」(JE)の開催国で、日本のマンガ・アニメがもっとも根付いている国の一つ。だが、外国コンテンツの放送の制限などもあり、映像の売買は成立しにくい。似たようなケースは各国にあり、日本貿易振興機構(ジェトロ)のコンテンツ産業課の幡野裕一氏も、「個々のイベントがこれだけ成功していることを考えると、もっと大きなビジネスにつながってもおかしくない」と指摘する。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
現地含め企業間連携がカギ
エンタメ!連載記事一覧