N
マネー研究所
マネー女子力

2011/8/2

マネー女子力

CASE4 しっかりした予算管理でひとり暮らしでも貯蓄1500万円

竹下良子さん(仮名、32歳・教育・秘書・ひとり暮らし)

現在の貯蓄額1500万円

手取り額年収500万円、月収25万円

【私の貯めテク】
・銀行の自動積み立て定期で先取り貯蓄
・費目別に支出の予算を管理
・家計簿で支出を管理
・本当に欲しいものしか購入しないを徹底
・フリーマーケットで不用品を販売
大学ノートへの家計簿の記録は学生時代から続けている。「支出傾向を知れば対策もできる。今まで、お金に困ったことはありません」。週末は友人と一緒にフリーマーケットを出店したり、ネットオークションで不用品を売ったりして副収入も月に2万~5万円ほどあるのだとか

欲しいものは買っていますよ。でも本当に必要なものでなければ買いません」と竹下良子さん。無用な支出をしない代わりに、毎月10万円の給与天引き貯蓄と、ボーナスを丸ごと貯蓄に回し、ひとり暮らししながら、10年ほどで1500万円を貯めた。「小学生の頃にお小遣い帳をつけていて、だから家計簿をつけるのは苦痛ではないんです」。ノートに食費、交際費、交通費、雑費とざっくり分けた費目ごとに日々の支出を記録。

「月ごとの支出傾向も分かるし、後で見直せば自分の行動を振り返ることもできる」。家計の記録を続けているから、今では家賃が9万、光熱費5000円、食費2万円など、毎月何にいくらかかるか、頭にしっかり入っている。予算がハッキリしているから、「欲しいもの以外は買わない」を実践できる。「学生の頃は留学や旅行を目指して貯蓄していました。今も習い事には投資しています」

(日経ウーマン 田中祥子)

[日経WOMAN 2011年5月号の記事を基に再構成]

「マネー」の週刊メールマガジン配信中

人気記事をまとめてチェック >>設定はこちら


近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし