2011/8/2

マネー女子力

CASE2 1カ月に使っていいお金を決めたらムダ遣い激減

戸田祐子さん(仮名、37歳・製造・人事総務・シングル実家暮らし)

現在の貯蓄額800万円

手取り額年収330万円、月収16万円

【私の貯めテク 】
・貯蓄は給与天引き
・現金は毎月1回定額だけ下ろす
・週1回まとめて家計簿をつける
・デパート友の会で積み立て
・残ったお金は貯金へ
家計簿は、フリーソフト「記帳風月」で管理。「将来の予定を書き込めるし、入力すると年間集計が更新されるから、自分の家計をいつも把握できます」。月々5万円の天引き貯蓄のほかに、百貨店の友の会でも月3000円積み立て。「この積み立てで毎年好きなアクセサリーを買うのが楽しみ」

最低限の貯蓄は給与天引きが鉄則。ほかは金額を決めずに、残った分を貯金している戸田祐子さん。余分なお金を使わないように、現金は毎月1回定額だけ下ろすようにしているそう。「以前は、必要な分だけ小額をちょこちょこ下ろしていたのですが、あるときふと思い立って、一度にまとめて下ろして、これで1カ月やってみよう! と実践したら、あといくら使えるかが常に把握できてこまごました無駄遣いが激減。以来、この管理法を続けています」。

必ず買い物のレシートをもらい、忙しくても週1回はまとめて家計簿を記録。「PCソフトを利用しているのですが、自由に費目を設定できて、自分の傾向が分かるし、グラフ表示されると、貯蓄のやる気が出ます」。目標の貯蓄額は1000万円。実現は近そう!

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし