反り腰の人は、骨盤まわりの深層筋も硬くなっています。特に硬直が強く、きれいな立ち方をしようとするときにつっかい棒のように邪魔をしているのが、腸腰筋。背骨から骨盤を通り、太ももの骨までを結ぶ、「姿勢の影の立役者」のような筋肉です。反り腰の場合、腸腰筋は常に不自然に引っ張られ、がちがちに硬くなっています。そこで、「脚の付け根伸ばしストレッチング」で腸腰筋をしっかり伸ばしましょう。普段はほとんど行わない動作なので、腸腰筋が硬い人ほど「伸びにくい」と感じるはずです。

【腸腰筋を伸ばす】
脚の付け根伸ばしストレッチング
 両ひじを伸ばし、両手を床につける。右のひざを曲げ、左のひざは真っすぐ後ろに伸ばす。左のひざを伸ばしたまま、体重を前にかける。この状態で20~30秒ストレッチする。左右交互に、合計3セット行う。

最後の仕上げはうつぶせに寝た状態で行う「もも上げ体操」。あらかじめ腸腰筋をストレッチしてあるから股関節がスムーズに動き、お尻の大殿筋が効果的に鍛えられます。

腰が反らないよう、お腹の下に枕を入れて、お尻の力だけを使ってももを真上に持ち上げる! これもきついけれど、ヒップアップ効果抜群ですよ。

【大殿筋を鍛える】
もも上げ体操
 うつぶせになり、お腹の下に枕やクッションを入れる。ひざを曲げ、左のお尻の力だけを使って、左もも全体を真上に持ち上げて5秒キープする。左右ともに5回ずつ行う。
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント