旅行・レジャー

こだわりOFF

家康、元就の長寿を支えた食生活の秘密 戦国武将の長寿食(1)

2012/9/26

国盗り合戦が繰り広げられた戦国時代に、驚くべき長寿を全うした武将たちがいた。平均寿命がわずか37~38歳であった当時、70歳を超えて生きることはたやすいことではなかった。長寿で知られた武将たちの息の長い人生と健康の秘密は、日々の食へのこだわりにあった。

徳川家康(75歳)×麦飯・豆味噌】
■生涯 麦飯が主食

「長命こそ勝ち残りの源である」。常々、こう語っていた徳川家康の健康と長寿を支えていたのは、麦飯と豆味噌であった。天下を完全に掌握し、江戸幕府260余年の基礎を築けたのも、食生活に気を配り、晩年まで健康であったからにほかならない。三河の地方豪族、松平氏の嫡子として生まれた家康は、幼い頃から麦飯を主食にして育ち、生涯、その習慣を変えることはなかった。

家康の麦飯は、丸粒の大麦に胚芽や糠の残った半搗き米を混ぜたもの。ミネラルや食物繊維が豊富で、便通も良くした。この麦飯が、家康の長寿の源だったといわれている(この記事の写真:明石雄介)

岡崎城にいた頃、家臣が気を利かせ、椀の底に白米飯を盛り、その上に麦飯をかぶせて出すと、家康は「汝らは、わしの心を察していない。戦国の世でわしが先頭に立って倹約すれば、戦費の節約になり下々の者をいたわることにもなるのだ」と激怒したエピソードが残るなど、質素倹約の精神からも麦飯を好んでいたという。

「麦にはビタミンB1やカルシウムなどが豊富に含まれます。さらに、家康の麦飯は麦と胚芽の残った半搗き米を混ぜたものなので数多く噛まなければならなかった。この咀嚼が脳や胃腸の働きを活性化させて、活力の源になったのです」(食文化史研究家、永山久夫さん)。

また、家康は大豆100%の豆味噌も味噌汁にして好んで食べ、キジや鶴の焼き鳥など動物性たんぱく質も適度に取っていた。「豆味噌にはアルギニンという強壮効果のあるアミノ酸がたっぷり含まれています」(永山さん)。その効用か、家康は生涯で16人の子をつくり、最後の子をもうけたのは66歳のとき。精力に満ち、直系の子が多かったことが徳川幕府を長続きさせる要因にもなったのである。

とくがわいえやす 1542~1616年。三河国(現愛知県)生まれ。幼少時代は織田家、今川家の人質として過ごす。桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれた後は、信長と同盟を組む。信長の死後は豊臣秀吉との対立が深まり、秀吉の死後、関ヶ原の戦いに勝利し天下を掌握。江戸幕府を開いた。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL