ダイエットの味方 食欲抑える「満腹ホルモン」働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

それじゃあ私のMCHも止めてほしい、と思ったかもしれない。実は体の中には、MCHを抑えてα-MSHを活性化する、願ってもないホルモンがある。それが「レプチン」。

「脂肪細胞が分泌するホルモンです。脂肪細胞は、たまった脂肪の量が多くなるとレプチンを放出するのです。すると食欲が抑えられ、体脂肪が減ります」

お~いい話だ。でもここで素朴な疑問が湧いてくる。そんなシステムがあるのに、どうして私たちは太ってしまうの?

「問題はそこ。“レプチン抵抗性”という現象があるのです」

レプチン抵抗性とは、レプチンが分泌されているのに視床下部が反応しなくなること。実は、高脂肪食を食べていると、血液中のレプチンは視床下部に届かなくなるという。

「血液脳関門といって、脳に流れ込む血液成分を制限する“関所”があるのですが、ここの性質が変化して、レプチンが通過できなくなるのですよ」。マウスに高脂肪食を好きなだけ食べさせる実験をすると、日に日に食べる量が増え、ぐんぐん太る。

えー、せっかくやせるメカニズムがあると思ったのに、太ったら効かなくなるのでは意味ないじゃないですか?

「高脂肪食をやめれば、レプチンが効くようになります」

うーん、つまり、ダイエットを始めれば食欲も収まるってことか。最初が肝心なのかも。

ダイエットしたい人には頭の痛いレプチン抵抗性だが、「元々は、生きていくために必要な機能だったはず」と川野さん。なぜなら、人間が飢餓と隣り合わせの野生環境で暮らしていたころ、まれにマンモスのような大物を仕留めた場合には、満腹感を一時的に抑えて大量に食べ、体脂肪をためる能力は貴重だったと考えられるからだ。

イヌイットが肥満でも健康でいられる理由

イヌイットの人たちも、レプチン抵抗性を活用しているという。「寒いところの生活には、体脂肪が多い方が有利。アザラシなどの高脂肪食を食べていれば、レプチン抵抗性が働いて体脂肪を増やせるのです」

ふーむ。でもずっと太っていたら生活習慣病になるのでは?

「それが、アザラシの脂肪にはDHAなどのヘルシーな脂肪酸が多いのです。だから太っても健康です」。近年、イヌイットたちの伝統的な食文化が失われる中で、肥満は減ってきたのに、心臓病などの発生率はむしろ増えているそうだ。

なるほどねー。まあでも私たちは北極圏に住んでいるわけではないから、レプチン抵抗性はとりあえず不要。満腹感を感じられる体でいたいものだ。

北村昌陽(きたむら・まさひ)
生命科学ジャーナリスト。医療専門誌や健康情報誌の編集部に計17年在籍したのち独立。主に生命科学と医療・健康に関わる分野で取材・執筆活動を続けている。著書『カラダの声をきく健康学』(岩波書店)。

[日経ヘルス2011年11月号の記事を基に再構成]