あなたの家は大丈夫? 「教育虐待」に陥らないために教育ジャーナリスト おおたとしまさ

なかなか勉強しない子どもを見て、つい「テレビばかり見ていないで少しは勉強しなさい!」と怒鳴ってしまったことのある親は多いだろう。

それくらいならまだましだ。もっとエスカレートすると、「なんでそんな成績しか取れないの!」「お兄ちゃんのほうが良くできた!」「あなたにどれだけお金を掛けていると思っているの!」などと非難してしまう場合もあるかもしれない。「ここまでくるともはや言葉の暴力」と専門家は指摘する。昨今これを「教育虐待」と呼ぶことがある。教育熱心な親が「子どものために」を思うあまり、子どもを精神的に追い詰めてしまうのだ。

「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」から始めよう

一方で、先日面白い調査結果があった。東大生の多くは、子どものころ、「勉強しなさい」と言われた経験が少ないというのだ。「言われる前にやる子だったから」という理由も大きいとは思う。しかしそれだけでは片付けられないものを感じるのだ。

意外かもしれないが、東大合格者数ランキングでトップ10に名を連ねるような名門進学校に、頭ごなしに「勉強しなさい」と命じたり、おしりを叩いてまで勉強させたりするような学校は皆無である。そのような学校の教師たちは、意地でも「勉強しなさい」とは言わないようにしているのではないかとすら感じられる。

ある進学校の校長は「いつまでも教師が生徒を懐に抱えているようではだめ。ある時点で教師が生徒を手放し、生徒が自らの足で歩めるようにしてやらなければ、東大に合格させることはできない」と断言する。またある校長は「うちの生徒は反骨精神が強くてあまのじゃくだから、『東大に行け』と言えばきっとみんな行かなくなる。『勉強しろ』と言ってしまったらみんな勉強しなくなる」と笑う。

人間の動機には大きく分けて2種類ある。「やらないと怒られるから勉強する」というような外的動機付けと、「自分の目標に近づきたいから勉強する」というような内的動機付けである。つまり、外的動機付けだけでは東大合格は果たせないと、多くの名門進学校の教師たちが口をそろえるのである。名門進学校ほど自由を標榜することが多いわけだ。

そのような学校では、おしりを叩いて勉強をさせる代わりに、「今、勉強しなくちゃいけないんだ」ということに気付かせる仕掛けを豊富に用意している。OBとの交流、社会貢献活動、教科にとらわれない自由な研究体験などだ。

注目記事
今こそ始める学び特集