ほうれい線を防ぐ 意外なポイントは首とあご

こんにちは。前回(ほうれい線に効く 顔の筋肉エクササイズ )は、ほうれい線ができる原因のひとつである「深層筋の衰え度」チェックと、深層筋の凝りをほぐして若返らせる方法をご紹介しました。今回は、首の筋肉をほぐし、あごの筋肉を強化する方法を紹介します。

首と肩が凝っていると 「ほうれい線」ができやすい

なぜ、首かというと、ほうれい線のできている人、できる可能性の高い人は、首から肩の筋肉が固く凝っていることが多いからです。この部分の血流が良くなるようにしっかりほぐすことが肝心なのです。その後、ほほを下から支えているあごの筋肉を強化すると、ほほが下にたるむのを防ぐことができるのです。

まず、首の筋肉のストレッチをします。

【首のストレッチ】

ストレッチ・1

1. 背もたれのあるイスに深く座り、背もたれの後ろ側で手を組みます。(背もたれの後ろで組めない場合は、背中で組みます。※イラストではひじが曲がっているように見えますが、わざわざ曲げる必要はなく、自然な感じでOKです。組んだ手をしっかり下方向に引っ張るようにしてください)
2. 肩甲骨を寄せ、胸部を広げながら、首をゆっくり後ろ、横、前に倒しながら伸ばしていきます。(1か所5秒程度。背もたれには寄りかからないようにしましょう)