13年CM露出、トップは剛力 飛躍の裏に「モバイル」日経エンタテインメント!

2013年のタレント別テレビCM露出量ランキングが、2014年3月に調査会社のビデオリサーチから発表された。これはタレント別に出演しているCMの年間出稿秒数を集計したもので、1位は、KDDI「au」や山崎製パン「ランチパック」などに出演の剛力彩芽。2012年度の3位からアップして、初の1位となった。2位はソフトバンクモバイル、アサヒビール「クリアアサヒ」などに出演の上戸彩。2012年度まで2年連続1位の座は譲ったが変わらぬ露出ぶりを示した。

トップの剛力彩芽は2011年にフジテレビの月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』で脚光を浴び、2012年からCM出演社数を急伸させていた。2013年もそのまま各社の契約が延長され、KDDI、山崎製パン、ヤクルト「ジョア」など、定期的に新バージョンを大量オンエアする企業が多かったことから、露出を大幅に増やす結果となった。

au出演者が軒並み上位に

ランキング上位には、出稿量が多い携帯電話会社や通信系企業のCMに出演したタレントが並んだ。上戸の代表CMとも言えるソフトバンクモバイルが「白戸家」のファミリーを中心とした固定メンバーとなっているのに対し、剛力が出演するauは、多彩なキャラクターとの組み合わせで展開するのが特色。剛力と共演した井川遥、森三中、前田旺志郎(「まえだまえだ」の弟)、きゃりーぱみゅぱみゅもベスト20にランクインしている。また、7位の高田純次、10位の佐々木希、16位のバナナマンはウィルコム「だれとでも定額」で共演。AKB48からは20位までに5人が入ったが、いずれもNTTドコモ「応援学割」でドコモダケにふんしていたメンバーだ。

関東地区、2013年1~12月。ビデオリサーチ調べ
エンタメ!連載記事一覧